イーサ流出事件の「アップビット」、サービス正規化が遅れる理由は?

アップビットのホームページ画面から

先月27日に約56億円規模のイーサリアムを奪取された韓国の仮想通貨取引所アップビットのサービス正常化が遅れている。事件発生後、すべての仮想通貨の入出金を中断したアップビットは現在、ビットコインの入出金のみ再開した状況。当初約2週間ほどで可能と予想していたサービスの正常化が遅くなり、利用者の不便は加重されている。アップビット側は仮想通貨の財布システムを全面改変するに時間が必要な状況だという。

■3週も過ぎたがサービスの正常化は“まだ”

アップビットはイーサリアム流出事件を利用者に告知する際、「仮想通貨の入出金が再開されるまで、少なくとも2週間程度の時間がかかると予想される」と伝えた。しかし、アップビットは3週が経ってもまだ入出金サービスを再開できずにいる。現在利用できるサービスは、今月4日に再開したビットコイン入出金のみ。

13日にまた告知を発表し「ビットコインのほか、仮想通貨の財布システムの改善作業を進めており、作業完了まで追加の時間がかかると予想される」と述べた。ただし作業にかかる予想時間については言及しなかった。

■一部の取引所と相場の差も…

アップビットのサービス正常化が遅くなり、利用者の不便は加重されている。現在アップビットはビットコインを除くすべて仮想通貨をネットワークに接続しない、いわゆる「コールドウォレット」に保管している。

ビットコインやウォンを入金して別の仮想通貨を購入することはできるものの、新たに仮想通貨が流入されないため、全体の取引量が限定的であるしかない。そのため、他の取引所との相場の違いもいくつか発生している。

アップビットの関係者は、「利用者の不便を最小化するために、まずビットコイン財布システムの交換を急ぎ、以降他の仮想通貨の財布システムの交換を進行中」とし「できるだけ早くサービス正常化のために努力しているが、再開時期はまだわからない」と伝えた。

一方、アップビットは韓国インターネット振興院(KISA)と協力しイーサリアム流出事件の原因を分析しているが、原因の把握には時間がさらに必要になると予想される。まだ外部のハッキングかインサイダーの犯行かも断定することができない状況だ。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  3. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  4. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  5. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »