韓国は“ペンス”ブーム…キャレンダー販売予告で話題集中

ユーチューブ・チャンネル”ジャイアントペンTV”より

韓国教育専門放送局EBSのキャラクター「ペンス」の人気がますます高まっている様子だ。

EBS「ジャイアントペンTV」の制作陣は先週の20日、YouTubeチャンネルを通じて「23日からペンスのカレンダーの予約販売を開始する」と発表した。すると、すぐにネット上では「ペンスのカレンダー」に関心が大きくなり、韓国のポータルサイトの検索キーワードランキング1位に上がった。ネット民は「販売店を教えてほしい」、「私の財布は、すでに準備を終えた」、「待ちくたびれた」など熱い反応を見せている。

ペンスは現在、韓国でブームを巻き起こす人気キャラクター。YouTubeチャンネルである「ジャイアントペンTV」は146万人を超える登録者を保有しており、地上波番組でも引っ張りだこになっている。特にあるアンケートではBTSを追い抜いて今年の人物1位に選ばれ、「ペンス」現象を確認してくれた。

また最近発刊された「ペンスのダイアリー」はベストセラーランキングで3週連続1位を記録している。業界によると、ペンスのダイアリーは200万部以上の販売高を記録しているという。

このようなペンスの人気ぶりについてメディアは「ペンスは社会的な禁忌や規範を拒否し、自らがスーパースターや有名人になった事を自慢している。保守的な韓国社会ではそうそう見られない姿」とし、「これが既成世代や不平等な社会に不満を抱くミレニアル世代に人気を得る”接点”となった」と人気の要因を分析している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  2. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  3. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…
  4. サーモンが新型コロナウイルスの感染源だという濡れ衣を晴らした。ノルウェーと中国の両国は、サーモンは新…
  5. 安価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  2. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  3. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  4. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  5. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
ページ上部へ戻る
Translate »