韓国は“ペンス”ブーム…キャレンダー販売予告で話題集中

ユーチューブ・チャンネル”ジャイアントペンTV”より

韓国教育専門放送局EBSのキャラクター「ペンス」の人気がますます高まっている様子だ。

EBS「ジャイアントペンTV」の制作陣は先週の20日、YouTubeチャンネルを通じて「23日からペンスのカレンダーの予約販売を開始する」と発表した。すると、すぐにネット上では「ペンスのカレンダー」に関心が大きくなり、韓国のポータルサイトの検索キーワードランキング1位に上がった。ネット民は「販売店を教えてほしい」、「私の財布は、すでに準備を終えた」、「待ちくたびれた」など熱い反応を見せている。

ペンスは現在、韓国でブームを巻き起こす人気キャラクター。YouTubeチャンネルである「ジャイアントペンTV」は146万人を超える登録者を保有しており、地上波番組でも引っ張りだこになっている。特にあるアンケートではBTSを追い抜いて今年の人物1位に選ばれ、「ペンス」現象を確認してくれた。

また最近発刊された「ペンスのダイアリー」はベストセラーランキングで3週連続1位を記録している。業界によると、ペンスのダイアリーは200万部以上の販売高を記録しているという。

このようなペンスの人気ぶりについてメディアは「ペンスは社会的な禁忌や規範を拒否し、自らがスーパースターや有名人になった事を自慢している。保守的な韓国社会ではそうそう見られない姿」とし、「これが既成世代や不平等な社会に不満を抱くミレニアル世代に人気を得る”接点”となった」と人気の要因を分析している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  2. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  3. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  4. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…
  5. 非核化に関する北朝鮮の新たな動きや姿勢の変化が無ければ、現在の米朝関係の冷え込みは暫くの間、続くとみ…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »