中国、来年上半期にデジタル人民元発行か

■中国デジタル人民元「金融商品でなく決済用デジタルマネー」

中国人民銀行が2020年上半期の発行を目標に、デジタル人民元(CBDC)の開発に没頭しているとビットコイニストが23日(現地時間)、報道した。

人民銀行の穆長春副局長は北京で開かれた会議で、「デジタル人民元はリブラやビットコインのような仮想通貨ではなく、デジタル版の人民元」とし「金融投資商品ではなく、実物決済用デジタルマネー」であることを強調した。

人民銀行は、デジタル人民元の開発のため、主要な国営銀行やテンセント、アリババなどと協力しており、2020年に深セン市と蘇州地域で試験運用を進める計画を検討している。

■米SEC、ビットコインETF審査 来年2月に延期

米国証券取引委員会(SEC)がウィルシャー・フェニックスが申請したビットコインETFの審査を2020年2月に延期したとコインテレグラフが23日(現地時間)伝えた。

SECはこれまでに10以上のビットコインETF商品について資金洗浄と市場操作の懸念を理由に承認審査を延期している。ウィルシャー・フェニックスは、自社のビットコインETFについて「ビットコインと米国債をベースにしたETF商品」とし「仮想通貨の変動リスクを減らした」という点を強調、SECの承認を自信している。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »