「サンタラリー」またくるか…ビットコイン急上昇への期待感高まる

仮想通貨業界で「サンタラリー」への期待感が高まっている。昨年も「サンタラリー」が業界の注目を集めた。当時42万円水準だったビットコインが47万円水準まで急上昇し、イーサリアムも1万円台から1万5千円台まで反発した。(ウォン基準)

今年もこのようなサプライズ反発がくるという期待感が広まっている。先週の19日を基点に、ビットコインをはじめとする一部の仮想通貨の価格が上昇の動きを見せているからだ。一部では「特別な理由なしにこのような価格上昇が現れている」とし、「サンタラリーの予兆現象」とみている。

さらに来年5月に予定されている「ビットコイン半減期」が今後の価格上昇の原動力なるという主張も提起されている。ビットコイン半減期は、ビットコイン採掘量が半分に減る時点を指す言葉で、約4年周期で訪れる。需要に比べて供給量が減るため、これまで半減期の前後にはビットコインの価格が急騰した。

米投資会社ファンドストラットの共同創業者トム・リー氏は「ビットコインが最近下落傾向だが、底に近接していると思う」とし「来年の半減期もビットコイン価格の上昇を牽引するだろう」と予測した。

その一方、ビットコインなど仮想通貨の価格が一部回復したが、まだ下落基調から脱していない点に注目する意見もある。その意見をまとめると、「昨年9月以降からビットコイン価格が持続的に下落している」「半減期という材料は、すでに価格に反映されたはずだが、明確な動きが現れていない」となる。

業界関係者は「米証券取引委員会が、ビットコインETFの承認審査を引き続き延期している。その影響で価格がさらに下落するかもしれないという懸念が広がっている」とし「各国の資金洗浄に関する規制が明確になった来年以降、反発を期待することができるだろう」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »