デビュー前から人気急上昇 U.T.H(UP TO HIGH)、日本プロモーションが盛況裏に終了

2020年上半期のデビューを目の前にしている新人ボーイズグループ U.T.H(UP TO HIGH)への関心が高まっている。

2020年上半期のデビューを目標に、現在本格的なデビューカウントダウンに突入したUTH(UP TO HIGH)は12月21日、22日、東京でファンミーティングとプロモーションを行い、デビュー前のプロモーションを通してファンと大事な週末を過ごした。

今回の公演は、正式デビュー前にもかかわらず、多くの地元のファンが殺到しU.T.H(UP TO HIGH)に対する高い関心を実感させた。現場は開演前からU.T.H(UP TO HIGH)を待っているファンが沢山集まり、メンバーは、地元のファンのために準備した日本語の挨拶で応えた。U.T.H(UP TO HIGH)はサイン会や写真会を進行して、ファン一人一人と目を合わせて親しい挨拶を渡すなど特急ファンサービスをプレゼントし、大きな反響を得た。

UTH(UP TO HIGH)は12月21日、22日、東京でファンミーティングとプロモーションを行い、デビュー前のプロモーションを通してファンと大事な週末を過ごした。

また、ファンミーティングでは、U.T.H(UP TO HIGH)のオリジナル曲「MY ZONE」と「MOONLIGHT」の発表はもちろん、U.T.H(UP TO HIGH)のメンバーが、それぞれの尊敬する先輩EXOのLove Shot、ATEEZのWAVE、NCT DREAMのBOOM、BTSのFAKE LOVE、Super MのJopping舞台を用意しU.T.H(UP TO HIGH)の多彩な魅力で現地ファンに近付いた。

プロモーション日程を終了した後、U.T.H(UP TO HIGH)は「デビュー前ファンの方々に初めてお見せしたライブだったのに多くの方々が訪れてください、応援してくれて本当にありがとうございます。楽しく良い思い出をたくさん積むことができて嬉しかったです。ファンの方々から送ってくださる多くの応援と愛に報いることができように、もっと熱心に準備して、来年にはもっと素敵な姿でデビューして皆さんに見せたいと思います。」と感謝の挨拶を伝えた。

一方、U.T.H(UP TO HIGH)はグループワーナーウォンの成功的なデビューで話題だったMnetプログラム」プロデュース101シーズン2」出身の名品ボイスの所有者チャン、安定した活動で、日本ファンを形成してきたチームのダンス担当セジン、未知の魅力を所有しているビジュアル担当ヒチャン、国内だけでなく海外でも多方面の人気を集めているMBCオーディション番組「アンダーナインティン」出身ジョンウと日本人メンバーコスケなど実力と魅力を兼ね備えたメンバーで構成されて期待感を増している。特に多数のメンバーが放送に出演して存在を知らせ、放送後初めての出歩きに出た彼らの活動に最も多くの人々の熱い関心を集まっている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »