デビュー前から人気急上昇 U.T.H(UP TO HIGH)、日本プロモーションが盛況裏に終了

2020年上半期のデビューを目の前にしている新人ボーイズグループ U.T.H(UP TO HIGH)への関心が高まっている。

2020年上半期のデビューを目標に、現在本格的なデビューカウントダウンに突入したUTH(UP TO HIGH)は12月21日、22日、東京でファンミーティングとプロモーションを行い、デビュー前のプロモーションを通してファンと大事な週末を過ごした。

今回の公演は、正式デビュー前にもかかわらず、多くの地元のファンが殺到しU.T.H(UP TO HIGH)に対する高い関心を実感させた。現場は開演前からU.T.H(UP TO HIGH)を待っているファンが沢山集まり、メンバーは、地元のファンのために準備した日本語の挨拶で応えた。U.T.H(UP TO HIGH)はサイン会や写真会を進行して、ファン一人一人と目を合わせて親しい挨拶を渡すなど特急ファンサービスをプレゼントし、大きな反響を得た。

UTH(UP TO HIGH)は12月21日、22日、東京でファンミーティングとプロモーションを行い、デビュー前のプロモーションを通してファンと大事な週末を過ごした。

また、ファンミーティングでは、U.T.H(UP TO HIGH)のオリジナル曲「MY ZONE」と「MOONLIGHT」の発表はもちろん、U.T.H(UP TO HIGH)のメンバーが、それぞれの尊敬する先輩EXOのLove Shot、ATEEZのWAVE、NCT DREAMのBOOM、BTSのFAKE LOVE、Super MのJopping舞台を用意しU.T.H(UP TO HIGH)の多彩な魅力で現地ファンに近付いた。

プロモーション日程を終了した後、U.T.H(UP TO HIGH)は「デビュー前ファンの方々に初めてお見せしたライブだったのに多くの方々が訪れてください、応援してくれて本当にありがとうございます。楽しく良い思い出をたくさん積むことができて嬉しかったです。ファンの方々から送ってくださる多くの応援と愛に報いることができように、もっと熱心に準備して、来年にはもっと素敵な姿でデビューして皆さんに見せたいと思います。」と感謝の挨拶を伝えた。

一方、U.T.H(UP TO HIGH)はグループワーナーウォンの成功的なデビューで話題だったMnetプログラム」プロデュース101シーズン2」出身の名品ボイスの所有者チャン、安定した活動で、日本ファンを形成してきたチームのダンス担当セジン、未知の魅力を所有しているビジュアル担当ヒチャン、国内だけでなく海外でも多方面の人気を集めているMBCオーディション番組「アンダーナインティン」出身ジョンウと日本人メンバーコスケなど実力と魅力を兼ね備えたメンバーで構成されて期待感を増している。特に多数のメンバーが放送に出演して存在を知らせ、放送後初めての出歩きに出た彼らの活動に最も多くの人々の熱い関心を集まっている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »