デビュー前から人気急上昇 U.T.H(UP TO HIGH)、日本プロモーションが盛況裏に終了

2020年上半期のデビューを目の前にしている新人ボーイズグループ U.T.H(UP TO HIGH)への関心が高まっている。

2020年上半期のデビューを目標に、現在本格的なデビューカウントダウンに突入したUTH(UP TO HIGH)は12月21日、22日、東京でファンミーティングとプロモーションを行い、デビュー前のプロモーションを通してファンと大事な週末を過ごした。

今回の公演は、正式デビュー前にもかかわらず、多くの地元のファンが殺到しU.T.H(UP TO HIGH)に対する高い関心を実感させた。現場は開演前からU.T.H(UP TO HIGH)を待っているファンが沢山集まり、メンバーは、地元のファンのために準備した日本語の挨拶で応えた。U.T.H(UP TO HIGH)はサイン会や写真会を進行して、ファン一人一人と目を合わせて親しい挨拶を渡すなど特急ファンサービスをプレゼントし、大きな反響を得た。

UTH(UP TO HIGH)は12月21日、22日、東京でファンミーティングとプロモーションを行い、デビュー前のプロモーションを通してファンと大事な週末を過ごした。

また、ファンミーティングでは、U.T.H(UP TO HIGH)のオリジナル曲「MY ZONE」と「MOONLIGHT」の発表はもちろん、U.T.H(UP TO HIGH)のメンバーが、それぞれの尊敬する先輩EXOのLove Shot、ATEEZのWAVE、NCT DREAMのBOOM、BTSのFAKE LOVE、Super MのJopping舞台を用意しU.T.H(UP TO HIGH)の多彩な魅力で現地ファンに近付いた。

プロモーション日程を終了した後、U.T.H(UP TO HIGH)は「デビュー前ファンの方々に初めてお見せしたライブだったのに多くの方々が訪れてください、応援してくれて本当にありがとうございます。楽しく良い思い出をたくさん積むことができて嬉しかったです。ファンの方々から送ってくださる多くの応援と愛に報いることができように、もっと熱心に準備して、来年にはもっと素敵な姿でデビューして皆さんに見せたいと思います。」と感謝の挨拶を伝えた。

一方、U.T.H(UP TO HIGH)はグループワーナーウォンの成功的なデビューで話題だったMnetプログラム」プロデュース101シーズン2」出身の名品ボイスの所有者チャン、安定した活動で、日本ファンを形成してきたチームのダンス担当セジン、未知の魅力を所有しているビジュアル担当ヒチャン、国内だけでなく海外でも多方面の人気を集めているMBCオーディション番組「アンダーナインティン」出身ジョンウと日本人メンバーコスケなど実力と魅力を兼ね備えたメンバーで構成されて期待感を増している。特に多数のメンバーが放送に出演して存在を知らせ、放送後初めての出歩きに出た彼らの活動に最も多くの人々の熱い関心を集まっている。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ヨーロッパではイタリアに続きスペインも新型コロナウイルス感染症による死者の数が中国を超えた。現在、全…
  2. 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は、1年延期された東京五輪の開催時期について「夏に限定し…
  3. 写真はpixabayから 英国王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染したことが分か…
  4. 25日の韓国株式市場で総合株価指数(KOSPI、コスピ)は5%を超える大幅の続伸を記録し1700台を…
  5. 米国のニューヨーク株式市場が新型コロナウイルス感染拡大に対する景気浮揚策への期待感から11%上昇した…

おすすめ記事

  1. 韓国の人口が、3カ月連続で「自然減」となったことがわかった。婚姻と出産が急減したことが原因で、出生児…
  2. 韓国企業が、マスクの再利用が可能となる抗菌剤を開発し、注目を集めている。科学専門企業「Ventex」…
  3. 韓国京畿道城南市陽地洞(ソンナム市ヤンジ洞)にある教会「恩恵の川」の信徒40人が新型コロナウイルスに…
  4. 新型コロナウイルス感染症が全世界に拡がり、各国でマスクや消毒剤の品不足が起こっている中、突如としてト…
  5. 1981年に発表されたディーン・クーンツの小説「闇の眼」のキーワードだ。新型コロナウイルス感染症が中…
ページ上部へ戻る
Translate »