新型コロナ、海外宅配便でも感染されるか

中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。

2日、世界保健機関(WHO)が発表した新型コロナウイルスに関する報告では「コロナウイルスは、書簡や小包などの物体の表面に長く生存できない」とした。韓国の疾病管理本部も「ウイルスが流入たとしても輸送過程が長い時間がかかるため、ウイルスの生存の可能性が極めて低い」と線を引く。

しかし宅配便を介してウイルス感染の可能性が全くないとは言えない。関連論文などによると、コロナウイルスは、適切な温度と湿度が揃うと、最大5〜6日まで生存することができるという報告がある。

「温度と相対湿度がSARS、コロナウイルスの生存に及ぼす影響」という論文では、”滑らかな表面で乾燥されたウイルスは、22〜25度の温度、相対湿度40〜50%の条件で5日以上生存力を維持した」と伝えている。

新型コロナウイリス感染症が日増しに悪化し消費者の不安感が段々大きくなると、配送業者も非常状態だ。特に海外宅配を専門にする宅配会社には安全性に対する消費者の問い合わせが殺到している。韓国の宅配会社の関係者は、「最近、問い合わせが殺到している。業務が麻痺するほど」と伝えた。

消費者の問い合わせは殺到しているが、同業界では特にこれといった対応策がない。個々の会社レベルで消毒や防疫作業を行うのは事実上不可能であるからだ。ある配送業者の関係者は、「大量の物量を一つ一つ消毒・防疫するのは不可能で、もしその過程で商品が破損したりすると、問題が複雑になる」と伝えた。

中国で生産、包装、出荷する宅配便の表面だけ防疫したとしてもその効果を保証することも難しい。関税庁の関係者も「現在、税関のレベルでは中国からの品物を防疫していない」とし「問題があれば、関連省庁会議を経て対策を講じる」と語った。

記者:金世珍(キム・セジン)
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »