ポン・ジュノ監督の『パラサイト』,アカデミー作品賞授賞…監督賞など4冠達成

ポン・ジュノ監督の全編韓国語映画『パラサイト 半地下の家族』が第92回アカデミー賞で作品賞に輝いた。92年のアカデミー賞歴史で非英語映画が作品賞を受賞したのは今回が初めて。また同作品は脚本賞、監督賞、国際長編映画賞も獲得し4冠の気炎を吐いた。

授賞式で「パラサイト」が呼称されると座席から驚きの歓声が起こった。同作品の制作社バルンソンE&Aのクァク・シンエ代表は「想像もしなかったことが実際に起こった。とても嬉しい」とし、「この瞬間、何かとても意味のある象徴的な歴史がかかれたような気がする。このような決定をしてくださったアカデミー会員に敬意を表する」と感謝した。

「パラサイト」は、家族4人全員が失業中のギテク(ソン・ガンホ)家の長男、ギウ(チェ・ウシク)が最上流層であるパク社長(イ・ソンギュン)家の家庭教師に採用してから繰り広げられる面白くて奇妙な物語を描いた映画で、ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、チャン・ヘジン、イ・ジョンウン、パク・ミョンフンなどが出演した。

昨年には、第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した。韓国映画初の快挙。興行も順調し、公開53日だけで韓国で1000万人の観客を動員した。

今回のアカデミー賞で監督賞も受賞したポン・ジュノ監督は幼いごろから憧れだった巨匠マーティン・スコセッシ監督のことを言及し「スコセッシ監督の一緒にノミネートされただけで光栄なのに、賞まで受けるとは本当に思わなかった」と一緒に候補に上がったほかの4人の監督に敬意を表した。また「オスカーが許してくれるならこの賞を5つに切って分けたい」とし「明日の朝まで飲みたい」と受賞の喜びを語った。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  2. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  3. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  4. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
  5. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
ページ上部へ戻る
Translate »