ポン・ジュノ監督の『パラサイト』,アカデミー作品賞授賞…監督賞など4冠達成

ポン・ジュノ監督の全編韓国語映画『パラサイト 半地下の家族』が第92回アカデミー賞で作品賞に輝いた。92年のアカデミー賞歴史で非英語映画が作品賞を受賞したのは今回が初めて。また同作品は脚本賞、監督賞、国際長編映画賞も獲得し4冠の気炎を吐いた。

授賞式で「パラサイト」が呼称されると座席から驚きの歓声が起こった。同作品の制作社バルンソンE&Aのクァク・シンエ代表は「想像もしなかったことが実際に起こった。とても嬉しい」とし、「この瞬間、何かとても意味のある象徴的な歴史がかかれたような気がする。このような決定をしてくださったアカデミー会員に敬意を表する」と感謝した。

「パラサイト」は、家族4人全員が失業中のギテク(ソン・ガンホ)家の長男、ギウ(チェ・ウシク)が最上流層であるパク社長(イ・ソンギュン)家の家庭教師に採用してから繰り広げられる面白くて奇妙な物語を描いた映画で、ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、チャン・ヘジン、イ・ジョンウン、パク・ミョンフンなどが出演した。

昨年には、第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した。韓国映画初の快挙。興行も順調し、公開53日だけで韓国で1000万人の観客を動員した。

今回のアカデミー賞で監督賞も受賞したポン・ジュノ監督は幼いごろから憧れだった巨匠マーティン・スコセッシ監督のことを言及し「スコセッシ監督の一緒にノミネートされただけで光栄なのに、賞まで受けるとは本当に思わなかった」と一緒に候補に上がったほかの4人の監督に敬意を表した。また「オスカーが許してくれるならこの賞を5つに切って分けたい」とし「明日の朝まで飲みたい」と受賞の喜びを語った。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  2. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…
  3. 新型コロナウイルスの発生を最初に告発したものの、逆に中国政府の弾圧を受ける事になってしまった李文亮医…
  4. ビットコインは強力的な抵抗線である1万ドルを突破した。ビットコインが1万ドル台に進入したのは昨年11…
  5. 「ウクライナ・スキャンダル」から始まったドナルド・トランプ米国大統領に対する弾劾案が現地時間5日、米…

おすすめ記事

  1. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  2. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  3. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  4. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
  5. イランがイラク西部の米軍基地をミサイルで攻撃したならないか、国際原油価格と安全資産である金の価格が急…
ページ上部へ戻る
Translate »