新型コロナの震源地は中国政府の研究所?

世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知られていた武漢市の華南水産卸売市場ではなく、近くの中国政府研究所から広がったという主張が出た。

香港メディアなど海外メディアによると、中国広東省広州の華南理工大学生物科学と工程学院の肖波涛教授は今月6日に世界的な学術サイト「リサーチゲート」にこのような内容が盛り込んだ論文を発表した。

論文には、武漢市の武漢疾病予防管理センター(WCDC)と武漢ウイルス研究所からコロナ19が始まった可能性があると主張している。WCDCは華南水産卸売市場から280メートル離れたところに位置しており、初の医療スタッフの感染が報告された武漢連合病院とも近い。論文によると、WCDCは過去2017年と2019年に605匹のコウモリを捕獲し研究したという。コウモリの中には重症急性呼吸器症候群(SARS)を発病させるウイルスを持っており、研究員の一人が研究所で保管中だったコウモリに嚙まれて28日間自己隔離を行ったと、論文では推定した。

またもう一つの震源地される武漢ウイルス研究所は華南水産卸売市場から約12キロ離れた場所に位置している。以前からウイルス震源地と疑われた同施設だが、論文では、「武漢ウイルス研究所では2002〜2003年に流行ったSARSのコロナウイルスを研究した」とし、この過程でコロナ19が流出した可能性があると主張している。

海外メディアによると、同論文を発表した肖波涛教授とは現在音信不通となっており、同論文も学術サイトから消えたという。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. フェイクニュースが仮想通貨市場を揺さぶっている。世界最高のオフライン流通企業ウォルマートと時価総額…
  2. (写真:SUNOCSの太川玉緒代表(左)で大韓障礙人体育会のイ・ヒョンオク訓練本部本部) 日韓両国…
  3. (写真は、SUNOCSの太川玉緒会長(左)と大韓障礙人体育会の朴容奭(パク・ヨンソク)現地支援団長…
  4. -企業評価額は約122億円に到達、国内の事業多角化と組織基盤の強化へ 株式会社HYPERITHM(…
  5. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
ページ上部へ戻る
Translate »