新型コロナの震源地は中国政府の研究所?

世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知られていた武漢市の華南水産卸売市場ではなく、近くの中国政府研究所から広がったという主張が出た。

香港メディアなど海外メディアによると、中国広東省広州の華南理工大学生物科学と工程学院の肖波涛教授は今月6日に世界的な学術サイト「リサーチゲート」にこのような内容が盛り込んだ論文を発表した。

論文には、武漢市の武漢疾病予防管理センター(WCDC)と武漢ウイルス研究所からコロナ19が始まった可能性があると主張している。WCDCは華南水産卸売市場から280メートル離れたところに位置しており、初の医療スタッフの感染が報告された武漢連合病院とも近い。論文によると、WCDCは過去2017年と2019年に605匹のコウモリを捕獲し研究したという。コウモリの中には重症急性呼吸器症候群(SARS)を発病させるウイルスを持っており、研究員の一人が研究所で保管中だったコウモリに嚙まれて28日間自己隔離を行ったと、論文では推定した。

またもう一つの震源地される武漢ウイルス研究所は華南水産卸売市場から約12キロ離れた場所に位置している。以前からウイルス震源地と疑われた同施設だが、論文では、「武漢ウイルス研究所では2002〜2003年に流行ったSARSのコロナウイルスを研究した」とし、この過程でコロナ19が流出した可能性があると主張している。

海外メディアによると、同論文を発表した肖波涛教授とは現在音信不通となっており、同論文も学術サイトから消えたという。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米国経済は新型コロナウイルス感染症の影響で、今年第2四半期に過去最悪の成長率-32.9%を記録した。…
  2. 一時出国した後、日本への再入国が閉ざされていた留学生や駐在員などの再入国が、来月初から制限的に許可さ…
  3. ビットコイン(BTC)が1万1000ドルラインを突破した。ビットコインの価格が1万1000ドルを超え…
  4. アップルは来たる9月8日に新製品発売イベントをオンラインで開催し、アイフォン12やアップルウォッチ第…
  5. 世界の新型コロナウイルス感染者が今月26日時点で1600万人を超えた。依然として米国の感染者数が最も…

おすすめ記事

  1. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  2. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
  3. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  4. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  5. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
ページ上部へ戻る
Translate »