世界500万以上の企業に「コロナウイルスショック」…アップルやフォルクスワーゲンにも影響

−中国の発症地域に2次協力企業多く
−中国企業の手持ち資金は3ヶ月程で尽きるか?
−アイフォンの中国工場も正常稼働に遅れ
−フォルクスワーゲンの生産再開は1週間延期

新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型コロナウイルスの影響で世界500万以上の企業が打撃を受けたとの見解もある中、海外の完成品企業に部品を供給する中国現地の企業は厳しい資金難に直面している。中国国内の労働者の職場復帰が予想以上に遅れている事で、工場の正常稼働率の低下と部品−完成品における受給の不一致という悪循環が深刻化している。

■世界500万以上の企業に損失

企業情報提供会社のダン&ブラッドストリートは、新型コロナウイルスにより打撃を受けた中国の地域を調査した結果、世界500万以上の企業が損失を被ると現地時間17日、発表した。

ダン&ブラッドストリートは「今月5日基準で、新型コロナウイルス感染症の発症事例が100件以上の地域は、中国全体の企業活動の90%以上を占める地域だ」と、「これらの地域で活動している4万9000の企業は外国企業の支社か子会社だ」と解説している。

これに該当する企業のほぼ半数となる49%が香港に本社を置いている事も分かった。国別では米国企業が19%、日本企業が12%、ドイツ企業が5%となっている。また少なくとも5万1000のグローバル企業が中国国内の新型コロナウイルス感染症の発症地域に、1社以上の1次協力供給企業を置いている事も分かった。この内の163社はフォーチュン誌のフォーチュン1000に含まれる大企業。更に500万を超える企業が新型コロナウイルス感染症の発症地域に、少なくとも1社以上の2次協力企業を置いている。

ダン&ブラッドストリートは、中国内で最も打撃を受けた業種の80%はサービス業と卸売業、製造業、流通業、金融サービス業だと報告している。駐上海米国商工会議所が109の自国企業を対象に行なったアンケート調査でも、回答者の78%が中国内の工場で人手不足に陥っていると、また48%が中国産部品の第3国工場への輸出に支障が生じていると答えた。

中国現地企業の状況もギリギリの状態だ。中国の清華大学と北京大学が中国にある1435の中小企業を調査した結果、3分の1が1ヶ月未満、3分の2が3ヶ月未満程しか持ち堪えられない資金状況である事が分かった。

■正常稼働は延期が続く

中国政府は中国の労働者に対し職場復帰を促してはいるものの、実際の生産現場に動員される人材は需要を相当下回っているとみられる。よって代表的な外国系企業の正常稼働率も期待値に及ばないのが実情だ。

アップルはこの日、新型コロナウイルスの衝撃により当初提示していた第1四半期の売上目標の達成は難しいと発表した。新型コロナウイルスによる不確実性は依然として業績展望に相当な影響を与えていて、アップルは今回、売上予測を行なわなかった。アイフォンをはじめとするアップル製品の大部分は中国で製造されている上、中国市場での売上が全体の売上高を左右するためだ。

アップルはこの日、延長されていた春節休暇が終わり、中国内にある全てのアップル生産施設が再稼働したものの「当初予想していたものより、正常化へのスピードが遅い」と発表した。

アップル製品を製造する中国の工場は全てが稼働を再開してはいるものの、正常稼働に至るまでには時間が掛かるとみられる。アイフォン組立企業のフォックスコンは今月末までに中国内の生産量を50%引き上げ、来月には80%まで稼働させる計画だ。

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲンもこの日、中国内にある一部工場の稼働を1週間延期した23日からとする事を発表した。中国内にある33の工場の内の一部は再稼働を果たしたものの、供給と物流網に支障が生じている上、労働者も移動制限により自由に動けない状況に置かれているためだという。

中国で生産される部品の調達問題は海外の自動車工場にも打撃を与え、フィアット・クライスラーはセルビアの工場を稼働出来ない状況。これは主な自動車メーカーで、アジア以外で初めて生産がストップした事例となった。

一方、4月21日に北京で開幕する予定だった中国最大のモーターショー、オートチャイナは後日に延期する事が決定した。

翻訳:水野卓
info@fnnews.jp
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »