「酷いシューズ」が大流行…ごつごつとした運動靴が18万円?

「酷いシューズ」が大流行…ごつごつとした運動靴が18万円?

ところどころ剥がれた感じのソールや接着剤が溢れ落ちたようなごつい見た目。誰かがわざと壊したかのようなスニーカーが普通のスニーカー10足分の高価で売られている。

誰かが長く履いていたようなこのスニーカー、実は新品だ。「フュージョンスニーカー」という名前のスニーカーは先月からフランスのファッションブランドMaisonMargielaが販売している。値段は1646ドル(約18万円)。

古くて擦り切れそうなデザインのスニーカーを高価の有名ブランドが次々と出している。いわゆる「アグリーシューズ」と呼ばれるものだ。言葉通り醜い履物で、世界中で人気を集めている。

イタリアのブランド、グッチも最近「ライトン・レザー・スニーカー」という名前のスニーカーを販売し始めた。スニーカの表面にわざと汚れをつけ、全体的にぼろけたデザインとなっている。値段は740ドル。日本円では約8万2千円となる。

アグリーシューズと言えば欠かせないブランドがフランスの「バレンシアガ(Balenciaga) 」だ。バレンシアガは去年「トリプルS」というスニーカーを売り出した。擦り切れたところにゴムのソールを付けたような分厚いソールが特徴で、11万円程度で入手できる。

「誰がこんなスニーカーを買うだろう」との疑問が生じるけど、これらの製品は高い人気を集め、飛ぶように売れている。多くの有名セレブが愛用している。

しかし、貧しいイメージをファッションとして活用してもいいのかについて、一部から懸念の声が出ている。

2016年イタリアブランドの「ゴールデングース」が出した5〜6万円台のスニーカー「ディストレスト・スーパースター・スニーカー」は“貧困盗用”だという非難を世界から受けた。このスニーカーの前には接着テープが貼られていて、ところどころに泥沼にはまり込んだような汚れがついている。

このスニーカーについては、当時SNSを中心に「貧困をバカにするファッション」「貧しい人を侮辱する製品」との批判が殺到した。その一方、ビンテージ・ファッションの一部であるとして擁護する声も多く見られた。ビンテージをコンセプトにした有名ブランドのパワーだ。

その後も多くのファンションブランドは酷いスニーカーを売り出し、今はファッションのトレンドになっている。しかし、さらにおしゃれになるために「わざと」壊した服や履物を高価で販売することについては依然として議論が続いている。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性も男性同様に性的な夢を見る-50年前の調査時に比べ3倍以上増加 女性も男性と同じように性…
  2. 「学生らしさ」 vs 「人権の尊重」…中学校で生徒のスカート丈を計測? -「目のやり場に困る…
  3. ドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』が大ヒットしアジア中を席巻すると、CNNはいち早く主演のコ…
  4. 韓国外交部は19日、「韓国が国際法に違反している」との内容の河野太郎外務相の談話について強く反論した…
  5. 韓国の日本旅行ボイコット運動が日本の「訪日外国人旅行者4000万人(来年)誘致」目標への不安材料とな…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る