「酷いシューズ」が大流行…ごつごつとした運動靴が18万円?

「酷いシューズ」が大流行…ごつごつとした運動靴が18万円?

ところどころ剥がれた感じのソールや接着剤が溢れ落ちたようなごつい見た目。誰かがわざと壊したかのようなスニーカーが普通のスニーカー10足分の高価で売られている。

誰かが長く履いていたようなこのスニーカー、実は新品だ。「フュージョンスニーカー」という名前のスニーカーは先月からフランスのファッションブランドMaisonMargielaが販売している。値段は1646ドル(約18万円)。

古くて擦り切れそうなデザインのスニーカーを高価の有名ブランドが次々と出している。いわゆる「アグリーシューズ」と呼ばれるものだ。言葉通り醜い履物で、世界中で人気を集めている。

イタリアのブランド、グッチも最近「ライトン・レザー・スニーカー」という名前のスニーカーを販売し始めた。スニーカの表面にわざと汚れをつけ、全体的にぼろけたデザインとなっている。値段は740ドル。日本円では約8万2千円となる。

アグリーシューズと言えば欠かせないブランドがフランスの「バレンシアガ(Balenciaga) 」だ。バレンシアガは去年「トリプルS」というスニーカーを売り出した。擦り切れたところにゴムのソールを付けたような分厚いソールが特徴で、11万円程度で入手できる。

「誰がこんなスニーカーを買うだろう」との疑問が生じるけど、これらの製品は高い人気を集め、飛ぶように売れている。多くの有名セレブが愛用している。

しかし、貧しいイメージをファッションとして活用してもいいのかについて、一部から懸念の声が出ている。

2016年イタリアブランドの「ゴールデングース」が出した5〜6万円台のスニーカー「ディストレスト・スーパースター・スニーカー」は“貧困盗用”だという非難を世界から受けた。このスニーカーの前には接着テープが貼られていて、ところどころに泥沼にはまり込んだような汚れがついている。

このスニーカーについては、当時SNSを中心に「貧困をバカにするファッション」「貧しい人を侮辱する製品」との批判が殺到した。その一方、ビンテージ・ファッションの一部であるとして擁護する声も多く見られた。ビンテージをコンセプトにした有名ブランドのパワーだ。

その後も多くのファンションブランドは酷いスニーカーを売り出し、今はファッションのトレンドになっている。しかし、さらにおしゃれになるために「わざと」壊した服や履物を高価で販売することについては依然として議論が続いている。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
  2. 我が家は家族経営の薬局だ。業務の中心は処方箋調剤だが、一般薬などの販売もしている。コロナ禍において…
  3. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  4. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  5. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
ページ上部へ戻る
Translate »