チェジュ航空、イースター航空買収…最終金額545億ウォン

-イースター航空持分51.17%取得
-航空業界の危機突破及び発展のため

チェジュ航空(取締役社長、李碩住)は2日、イースター航空を買収することを発表した。

チェジュ航空は他法人の株式及び出資証券の取得決定公示を通じ、Eastar Holdings Co.とイースター航空の株式4,971,000株、持分比率は51.17%に対する株式売買契約を締結したことを伝えた。最終買取金額は約545億ウォン(約52億円)で、4月29日に株式売買が完了する。

両社は最近航空市場の危機状況に関する一致した認識をもとに、「チェジュ航空とイースター航空の成功的なM&Aを推進することが、航空産業の危機を克服し、また共に発展するための正しい方向性だ」という意見で急接近。最終買取金額や方式、手続きなどに最終合意した。

今回チェジュ航空のイースター航空買収は韓国航空業界では最初に同種事業間の結合という部分で意味が大きい。チェジュ航空は今回買収を通じ、両社の運営効率を極大化する方針だ。業界では△規模の経済を活用したコストダウン △路線を有効活用した柔軟性確保 △マーケットシェアをベースにした価額競争力の確保など多様なシナジーを発揮を期待している。

チェジュ航空の取締役社長を務める李碩住氏は「チェジュ航空とイースター航空は現在COVID-19イッシューなどで影響を受けている航空市場状況を考慮し、究極的に航空業界の発展に役立つよう、両社間の譲歩を通じ価額調整を実現した。力を合わせ危機を克服し、早期に正常化することを確信しており、運営効率の極大化を通じ、イースター航空の経営安定化及び収益性の改善を目標として最善を尽くす」と語った。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »