韓国でマスクの再利用が可能となる抗菌剤を発売…世界的マスク不足の「救世主」となるか

韓国企業が、マスクの再利用が可能となる抗菌剤を開発し、注目を集めている。科学専門企業「Ventex」が開発し、ジェネラルネットが独占販売するGN MEDI「抗菌スプレー」だ。

韓国の公認検査機関のテストをクリアした本製品の画期的な点は、マスクに抗菌水を噴霧してもマスクが再利用できるほど、マスクフィルターの性能が保たれるという事実だ。韓国と日本の公認検査機関の効能テストと人体無害性テストをいずれもクリアしたため、製品の信頼性も高い。

韓国科学融合試験研究院のテストでは、「新型コロナウイルス」と同一のRNA系列であるインフルエンザA型ウイルスを99.9%除去したことが確認された。KOTITI試験研究院のテストでは、抗菌スプレーをマスクに噴射してから72時間後に実施した肺炎菌テストでも、99.9%以上の抗菌効果が維持されていることが立証された。

本製品は、韓国科学情報通信部の科学技術革新賞「IR52蔣英實賞」を受賞し、その技術力を証明した。世界初となる「抗菌ミネラル成分コーティング」機能を備えた抗菌スプレーとして、コロナウイルスに限らず肺炎菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌など各種の細菌を99.9%除去することができる。 

GN MEDI「抗菌スプレー」

製品開発に参与したGN MEDI関係者は「揮発性が高いエタノールに比べて抗菌効果が長時間続き、塩素系製品と比較しても安全面で優れている。特に、抗菌水成分が呼吸器に入っても人体に無害であることが検証されたため、マスクの他に衣類や靴など、身の回りのあらゆるものの消毒抗菌及び脱臭用として使える」と説明した。

今回開発されたGN MEDIの抗菌スプレーは、3月中旬から韓国のコンビニエンスストアと大型スーパーマーケットチェーンで発売され、近日中にTVショッピングでも販売が開始された。

日本でも4月初旬から全国各地のドラッグストアチェーンで販売される予定だ。現在は米国食品医薬局(FDA)の安全性テストを受けており、本製品の人気は韓国に留まらず、世界的な広がりをみせている。会社側によると、今月に入って米国と中国、スペインなどからも製品輸入の問い合わせが殺到している。

GN MEDI「抗菌スプレー」

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »