在日韓国人専用のアプリ「インサイトジャパン」が配信開始

日本に拠点を置いて韓国のニュースを在日韓国人に伝える「ファイナンシャルニュースジャパン」が、在日韓国人のための専用コミュニティアプリ「インサイトジャパン(Insight Japan)」を開発・配布しはじめた。

インサイトジャパンは、“70万の在日韓国人のデジタル広場プラットフォーム」という青写真を推進していたファイナンシャルニュースジャパン(代表 キム・セジン)がコミュニティアプリの制作に特化した西江大学産学共同事業化法人「ザ・ボムエス」(代表 ハン・ジェヒョン)と協力してリリースした最初のプラットフォーム事業。より実質的なコミュニケーションとユーザらの協力を可能にし、在日韓国人の真のコミュニケーションの場を作ることが目的だ。

このため、インサイトジャパンは2千万(月)を超える読者を保有している韓国の「ファイナンシャルニュース」、日本のニュースを中心に日韓の主要なイッシュを伝える「グローバルコリア」などのメディアはもちろん、駐日韓国大使館・領事館、民団、World-OKTA東京支会などの在外公館および主な韓国人団体との連携システムを構築。在日韓国人に必要な情報を迅速に伝えることができるシステムとして活用する計画だ。

イメージをクリックするとより詳しい情報が確認できます。

また、日本生活に必要な有用な情報を選択して集中的に発信する方針で、特に韓国人を対象とした日本の求人情報、簡単な登録と売買が特徴的な中古市場への関心が大きくなると期待している。

また、K-Townというセクションも設け、不動産情報はもちろん、韓国料理レストラン、法律事務所、物流サービスなど、様々な韓国人の店の情報を一目で確認して利用できるシステムを提供し、利用者の利便性を最優先する計画だ。

他にもQ&A、自由掲示板、重要イベントなど、さまざまな掲示板を設け、利用者間のコミュニケーションを支援している。

イメージをクリックするとより詳しい情報が確認できます。

一方、インサイトジャパンはアプリのローンチを記念し、インサイトジャパンのパートナー社と連携した様々な広告プロモーションを進行中だ。今回の特価プロモーションを活用すれば、東京・新宿に位置している大型ビジョン「fnTV」、月平均30万PVを誇る「グローバルコリア」、Googleのニュースを提供する日本媒体「fnnews.jp」などインサイトジャパンの全チャンネルを利用することができる。

また、インサイトジャパンは現在、「K-Town」セクションに韓国人企業の登録を無料で行っている。東京内の韓国人の店や企業の高い関心の中で進行中の無料登録プロモーションは、今月末までに行う予定。参加は下記のリンク先を参考。

*インサイトジャパン無料登録プロモーション
http://bitly.kr/Wf7oX0Fd

イメージをクリックするとダウンロード・ページに移動

<インサイトジャパン>
ダウンロード
– Google Play (アンドロイド)
https://url.kr/LOeK9o

– Apple Store(iOS)
https://url.kr/dWjcDs

インサイトジャパン 紹介ページ
http://bitly.kr/iEnilJxM

インサイトジャパン 配信記念 広告プロモーション
https://url.kr/WrsbOy

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  2. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  3. 韓国の100人あたりのワクチン接種件数は米国に比べ20分の1水準に留まっており、韓国経済にとってそ…
  4. ドイツ、フランス、イタリア、スペインの4ヶ国が英製薬大手アストラゼネカ社の新型コロナウイルス感染症…
  5. −訪日を前にブリンケン国務長官が日米韓協力強調−日韓関係回復への圧力との見方−日韓歴訪で対北政策の…

おすすめ記事

  1. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  2. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  3. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  4. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
  5. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
ページ上部へ戻る
Translate »