「韓国総選挙が世界のお手本」…海外メディアが絶賛

新型コロナウイリス感染病の拡大にもかかわらず正常に行われた韓国の総選挙を、全世界が絶賛している。

ポンペオ米国務長官は15日(現地時間)に声明で「韓国が成功裏に総選挙を実施したことをお祝いする」とし「韓国の総選挙が全世界のお手本」と明らかにした。特に新型コロナのファンデミク(世界的大流行)の中で大規模選挙を実施したことを高く評価し、「(韓国は)自由で、透明な社会。この特徴が新型コロナに立ち向かうために必要だ」と語った。

全世界のメディアも韓国の総選挙が提示した新たな可能性について一斉に注目した。BBCは「韓国はファンデミク事態中で何ができるかをもう一度証明しようとしている」とし、「韓国の事例が新型コロナ被害国に手本になる」と予想した。ブルームバーグ通信は「投票率が約66%で、24年ぶりに最高値を記録した。選挙を延期した他の国に良いモデルになる」と伝えた。

AP通信やCNNなどは、韓国が導入した防疫措置と自主隔離者の投票参加の方法など韓国の新しい選挙方式に注目した。CNNは、「マスクを必ず着用しなければならず、列を並ぶときには1メートル間隔を維持しなければならない。こういう厳しい制限の中でも韓国の有権者66.2%が投票権を行使した」とし「これは、1996年の第15代総選挙以来、最も高い投票率」と伝えた。

一方、韓国とは異なり、新型コロナの余波で多くの国では選挙が予定通り行われていない。来る11月の大統領選挙を控えた米国では選挙の実施が難しいと判断し、大統領選挙日程の調整や郵便投票のような代替案を講じなければならないという声が強くなっている。

また英国は5月のロンドン市長選挙などを含む地方選挙を1年先送りすることにした。フランスは3月15日の地方選挙1次投票を強行したが、22日に予定された2回目の投票は暫定的に中止した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  2. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  3. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  4. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  5. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »