米ネットフリックス、加入者が歴代最多…新型コロナ蔓延が追い風に

米動画配信大手ネットフリックスが創設13年ぶりに最大の加入者数を確保した。新型コロナウイリスの影響で自主隔離した人々の利用が急増したことによるものとみられる。

ネットフリックスは21日、今年第1四半期の経営実績を発表し、今年1~3月に全世界で1577万人の新規加入があったと伝えた。第1四半期の新規加入者数の予想値は約700万人だったが、新型コロナの拡散による自主隔離と外出自粛で予想の2倍を超える新規会員を取得。13年ぶりに最大の収益率を記録した。

3月末時点でネットフリックスの有料加入者数は1億8286万人となった。第1四半期の収益も7億900万ドルで、昨年より約3倍増えた。

ネットフリックスは新型コロナの感染拡散による各国の隔離措置で恩恵を受けている数少ない企業の一つだ。去る2月19日以降スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)500指数が19%下落したが、ネットフリックスの株価は11%も上昇した。

本格的に世界で感染が広がた2月19日以降、米S&P総合500種は19%も下落したが、ネットフリックスの株価は逆に11%上昇した。専門家らは、最近米国とカナダで新規加入者の減少が見られたネットフリックスが新型コロナによる世界的危機で好転のきっかけを迎えたと分析している。

しかしネットフリックスは7〜12月には新規加入者数が前年同期比減少すると予想した。ネットフリックスは、「自主隔離が終了されると、視聴率と加入者数の増加率が減少するとみている」と説明した。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が日本の輸出規制強化措置について、世界貿易機関(WTO)に提訴する手続きを再開すると発表した…
  2. 新型コロナウイリスの影響でしばらくドアを閉めて最近営業を再開したばかりの米アップルストア。しかし米全…
  3. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  4. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  5. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »