新型コロナ感染者126万人にも…米国、今週末まで43州の経済正常化強行

新型コロナウイリスによる感染者が120万人にのぼり、7万人が命を失った米国。まだコロナ禍の最中にもかかわらず、経済再開の動きが速くなっている。7日(現地時間)、CNNニュースなど米メディアによると日曜日の10日までに、米国の50州のうち43州が部分的ながらも経済正常化を開始する。

米国で最初に自宅避難を下したカリフォルニア州は8日から都市封鎖措置を緩和し、経済活動を再開する。書店や衣類・スポーツ用品販売店、花屋など、いくつかの非必須業種の営業再開が許可される。

カリフォルニア州ではこれまで累積感染者数が5万人を超えたが、死者がここ3週間の間に減っている。

ペンシルバニア州も24の郡の経済活動を8日から再開すると発表した。ただし、フィラデルフィアなどの大規模な都市に隣接した郡はここに含まれていない。ミシガン州は7日から建設業と不動産開発、屋外作業などの再開を可能にする新しい行政命令を発令した。

これに先立ち部分的に経済正常化措置に着手していた他の州まで合わせれば、来週からは米国のほとんどの地域で経済活動が一定のレベルで再開されることになる。

しかし、また感染者と死者が続いているため、高い代償を支払うことになるとの懸念も出ている。トランプ大統領さえこれを認めた。トランプ大統領は5日、ABCニュースとのインタビューで、経済再開の場合に多くの人々が命を失うことになる可能性はないのかという質問に、「そうなることもできる」と答えた。

同日に米疾病管理予防センター(CDC)の元局長、トム・フリードン氏は下院の聴聞会で「新型コロナとの戦争は今始まったばかり」とし「5月末までに、米国で新型コロナによる死者は10万に達するだろう」と述べた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »