自宅隔離違反で日本人が逮捕…無断外出の外国人拘束は韓国で初

韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人が自宅隔離措置違反により拘束されたのは初めてとなる。

ソウル西大門警察署は21日、自宅隔離命令に従わず数回に渡って無断外出したA氏(23才)を感染病予防法違反の容疑で拘束したと発表した。

警察は先月21日、西大門区庁から自宅隔離対象の外国人が無断で外出したとの告発状を受け、捜査に入っていた。

警察は監視カメラやクレジットカードの使用履歴などを分析し、A氏が2週間の自宅隔離期間中に食堂や病院などを8回に渡り訪問していた事実を確認した。

A氏が自宅隔離措置違反の事実を否認するなど違反事実を隠蔽した事により、警察はA氏の容疑が重大かつ逃走の恐れがあると判断、拘束礼状を請求していた。

警察関係者は「今後も自宅隔離違反者に対しては積極的に捜査し、厳正な司法処理をする方針」だと話した。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »