「日韓対話」断絶期へ向かうか?…中断の可能性も

‐日本、「左手で殴りながら、右手で握手しようという話」と反応
‐韓国、第2弾としてGSOMIAカードも

韓国政府がWTO(世界貿易機構)紛争解決手続き再開の決定をしたのに続き、GSOMIA(日韓秘密軍事情報保護協定)終了カードも排除しない中、日本政府も両国間の対話中断の可能性を示唆した。日韓関係は当分の間、「対話断絶」期間に入るとみられる。

日本の経済産業省の幹部は韓国政府の提訴発表に対し「積み重ねて来た物が崩れる」と話した事を日本メディアが3日、報じた。また外務省のある幹部は韓国の今回の決定について「左手で殴りながら、右手で握手しようという話だ。矛盾している」と話した。WTOに提訴しながら、対話しようというのは矛盾しているという意味だ。

現在日本政府は、経済産業省と韓国産業通産資源部との対話中断の可能性については具体的な立場を明らかにしていないものの、対話中断の可能性も検討されている事が分かっている。

菅義偉官房長官は前日、韓国によるWTO紛争解決手続き再開後も日韓間の局長級政策対話を続けるかとの質問に「予断を持って答える事は差し控えたい」と明言を避けた。

韓国政府は高純度フッ化水素など半導体・ディスプレイの原材料3品目に対するWTO紛争解決手続きを再開するものの、これを含む別の包括的輸出規制であるホワイトリスト(輸出管理上の優遇措置)からの除外などについては日本側と対話を続けるという方針。このため、昨年11月に条件付きで延長したGSOMIA(日韓秘密軍事情報保護協定)カードも排除しないという立場だ。

韓国外交部のキム・インチョル代弁人は前日の定例ブリーフィングで、GSOMIA終了の可能性について問う質問に「慎重に検討されるべき事項であり、その様にする予定」だと、「昨年11月22日、”GSOMIAの効力をいつでも終了させる事が出来る”という前提の下で”終了通告”の効力を停止した状況」だと答えた。

日本は、韓国が米国との関係を考慮すれば容易にGSOMIAカードを切る事は出来ないとの見方を示しながらも、韓国が実際にGSOMIAカードを切るかについては神経を尖らせている。

翻訳:水野卓
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 我が家は家族経営の薬局だ。業務の中心は処方箋調剤だが、一般薬などの販売もしている。コロナ禍において…
  2. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  3. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  4. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  5. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
ページ上部へ戻る
Translate »