脱北者出身の池成浩議員、対北ビラ散布制裁を批判…「北朝鮮住民の知る権利も保障すべき」

北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障されなければならない」と主張し、“対北ビラ”の散布を制裁しようとする韓国政府の動きを批判した。

国会議員会館で記者会見を開いた池議員は、北朝鮮の金与正朝鮮労働党第1副部長が脱北者らによる対北ビラ散布を強く非難したことについて「自分の国民に食料もろくに与えられない国だ」とし「脱北者を非難する権利が(北朝鮮には)ない」と不快感を示した。

また、韓国統一部が対北ビラ散布を制裁することを検討するという発表については、「北朝鮮住民の知る権利は保障されなければならない。北朝鮮にビラを送る行為が間違った行為とは思わない」とし「他の方法で北朝鮮の住民に(韓国のことを)知らせることができる方案をまず作ってから(対北ビラ散布の)中止を促すのが正しい」と主張した。

国会議員会館で記者会見を開いた池成浩(チ・ソンホ)議員.

第21代国会で「北朝鮮人権侵害の被害補償特別法」を発議する予定の池議員は同法案と関連し、「3万5千人の脱北者が合法的根拠に基づき、被害に対する補償を受けることができるようにしたい」と明らかにした。

一方、金与正朝鮮労働党第1副部長は同日、談話を発表し「南朝鮮当局は軍事境界線一帯でビラ散布をはじめとした、あらゆる敵対行為を禁止する板門店宣言と軍事合意書の条項を決して知らないとは言えないはずだ」とし、「南朝鮮当局者らが北南合意を真に重く受け止め、徹底して履行する意志があるならば、自分の家の中の汚物からしっかり片付けるのは当たり前のこと」だと、韓国政府に対北ビラ散布への対応を取るように求めた。

金世珍(キム・セジン)記者
info@fnnews.jp 
Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »