700円の抗炎症薬「デキサメタゾン」が新型コロナの治療剤に急浮上…英「即時処方」

価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。英オックスフォード大学は デキサメタゾンが新型コロナに感染した重症患者の死亡率を画期的に下げたという大規模な臨床結果を発表した。英政府は直ちに同薬を感染患者に処方することを決めた。世界保健機関(WHO)も「画期的な突破口だ」と好評している。

16(現地時間)BBCなどによると、英国のハンコック保健相はこの日、声明を通じて「デキサメタゾンは安価で、自宅で保管できるため、直ちに使用して生命を救うことができる」とし、「新型コロナ患者に直ちに処方するようにする」と明らかにした。

また英国政府はデキサメタゾンの潜在力を把握し、今年3月から同薬を備蓄してきたと付け加えた。

英オックスフォード大学の研究チームは同日、デキサメタゾンを投与された新型コロナ重症患者の死亡率が大幅に下がったという臨床試験の結果を発表した。

研究チームは、約2000人の感染者にデキサメタゾンを治療剤として使用した後、これを投薬されていない患者4000人と比べた。

その結果、酸素呼吸器に頼っている患者の死亡率は2840%、その他の酸素治療を受けている患者の死亡率は2025%減少することが分かった。

ただ、軽い症状で呼吸に問題のない患者にはあまり効果がないという。

デキサメタゾンは安価な価格が最大のメリットに挙げられる。炎症抑制作用のあるこの薬は、英国では5ポンド(約700円)で手に入れることができる。

WHOもデキサメタゾンについて、「画期的な突破口だ」と期待感を示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  2. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  3. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  4. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  5. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »