700円の抗炎症薬「デキサメタゾン」が新型コロナの治療剤に急浮上…英「即時処方」

価で広く使われている抗炎症治療剤「デキサメタゾン」が、新型コロナウイリスの治療剤として急浮上した。英オックスフォード大学は デキサメタゾンが新型コロナに感染した重症患者の死亡率を画期的に下げたという大規模な臨床結果を発表した。英政府は直ちに同薬を感染患者に処方することを決めた。世界保健機関(WHO)も「画期的な突破口だ」と好評している。

16(現地時間)BBCなどによると、英国のハンコック保健相はこの日、声明を通じて「デキサメタゾンは安価で、自宅で保管できるため、直ちに使用して生命を救うことができる」とし、「新型コロナ患者に直ちに処方するようにする」と明らかにした。

また英国政府はデキサメタゾンの潜在力を把握し、今年3月から同薬を備蓄してきたと付け加えた。

英オックスフォード大学の研究チームは同日、デキサメタゾンを投与された新型コロナ重症患者の死亡率が大幅に下がったという臨床試験の結果を発表した。

研究チームは、約2000人の感染者にデキサメタゾンを治療剤として使用した後、これを投薬されていない患者4000人と比べた。

その結果、酸素呼吸器に頼っている患者の死亡率は2840%、その他の酸素治療を受けている患者の死亡率は2025%減少することが分かった。

ただ、軽い症状で呼吸に問題のない患者にはあまり効果がないという。

デキサメタゾンは安価な価格が最大のメリットに挙げられる。炎症抑制作用のあるこの薬は、英国では5ポンド(約700円)で手に入れることができる。

WHOもデキサメタゾンについて、「画期的な突破口だ」と期待感を示した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  2. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  3. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…
  4. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  5. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »