「2020 韓日関係シンポジウム」大阪で開催

駐大阪大韓民国総領事館は26日、大阪府韓日友好親善議員連盟をはじめ、関西地域の韓日関係関連団体、大学の研究者、民団、民主平和統一諮問会議、同胞団体など約70人が参加した中、「日本の中の韓流と未来志向的な韓日関係」をテーマに韓日関係シンポジウムを開催した。

吳泰奎 駐大阪大韓民国総領事はあいさつで「韓流と呼ばれる韓国文化がなぜ日本、そして世界で持続的・周期的に人気を集めているのか、この場にいらっしゃる皆様も気になる部分ではないかと思います。本日のシンポジウムがかゆい所に手が届き、さらには韓流の発展にお役に立てれば幸いと存じます」と語った。

26日、大阪で行われた「韓日関係シンポジウム」

シンポジウムのテーマは「日本の中の韓流と未来志向的な韓日関係」。

また「韓国と日本において歴史と文化、人々が最も緊密につながっている大阪で開催される本日のシンポジウムが、文化の重要性をもう一度考えてみる意味深い時間になること祈念します」と伝えた。

シンポジウムでは金泳徳 前韓国コンテンツ振興院副院長と金成玟 北海道大学大学院准教授がそれぞれ「なぜ世界は韓流に共感するのか」と「日本の中の韓流‐歴史と特徴、そして課題」を発表。平井久志(共同通信社客員論説委員)、泰江まさき(大阪府議会議員)、稲川石樹(帝塚山学院大学准教授)、キム・カラム(芸人カラミ、吉本興業所属)がパネリストとして討論に参加した。

一方、新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、今回のシンポジウムは参加人数を70人に制限して行われた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »