「2020 韓日関係シンポジウム」大阪で開催

駐大阪大韓民国総領事館は26日、大阪府韓日友好親善議員連盟をはじめ、関西地域の韓日関係関連団体、大学の研究者、民団、民主平和統一諮問会議、同胞団体など約70人が参加した中、「日本の中の韓流と未来志向的な韓日関係」をテーマに韓日関係シンポジウムを開催した。

吳泰奎 駐大阪大韓民国総領事はあいさつで「韓流と呼ばれる韓国文化がなぜ日本、そして世界で持続的・周期的に人気を集めているのか、この場にいらっしゃる皆様も気になる部分ではないかと思います。本日のシンポジウムがかゆい所に手が届き、さらには韓流の発展にお役に立てれば幸いと存じます」と語った。

26日、大阪で行われた「韓日関係シンポジウム」

シンポジウムのテーマは「日本の中の韓流と未来志向的な韓日関係」。

また「韓国と日本において歴史と文化、人々が最も緊密につながっている大阪で開催される本日のシンポジウムが、文化の重要性をもう一度考えてみる意味深い時間になること祈念します」と伝えた。

シンポジウムでは金泳徳 前韓国コンテンツ振興院副院長と金成玟 北海道大学大学院准教授がそれぞれ「なぜ世界は韓流に共感するのか」と「日本の中の韓流‐歴史と特徴、そして課題」を発表。平井久志(共同通信社客員論説委員)、泰江まさき(大阪府議会議員)、稲川石樹(帝塚山学院大学准教授)、キム・カラム(芸人カラミ、吉本興業所属)がパネリストとして討論に参加した。

一方、新型コロナウイルスの感染拡大の防止のため、今回のシンポジウムは参加人数を70人に制限して行われた。

Copyright ©The financialnewsjapan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「毎瞬間、改革しなければならない」失われた20年という「死の谷間(デスバレー)」を乗り越えた日本企業…
  2. 新型コロナウイリスの感染拡散の憂慮などで主要国の経済活動の回復が遅れる可能性が高まっている。…
  3. 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は22日、北朝鮮の金与正(キム・ヨジョン)朝鮮労働党第…
  4. トランプ米大統領は3ヵ月ぶりに開催した支持者集会が興行に失敗すると、激怒した。 21日(現地時間)…
  5. ジョン・ボルトン元・米国国家安全保障問題担当大統領補佐官の回顧録の内容が更に公開され、トランプ政権の…

おすすめ記事

  1. WHO(世界保健機構)が新型コロナウイルスの感染拡大はまだ進行中であり、来週には全世界の患者数が10…
  2. 北朝鮮から脱北し韓国で国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)議員は4日、「北朝鮮住民の知る権利も保障…
  3. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  4. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  5. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
ページ上部へ戻る
Translate »