またも中国の横槍か…TikTok売却に暗雲

国政府の許可が必要とする規定発表

TikTok売却に暗雲が立ち込めた。中国当局が新たな規定を発表したためだ。

主な海外メディアによると現地時間30日、中国商務省は今月28日、人工知能(AI)などの先端技術を保有する企業は、海外に企業を売却する際、中国政府の許可を得なければならないとする新たな規定を発表した。

国商務省はこの日、ホームページを通じ、国家安全保障を理由に、AI関連技術などの先端技術を持つ企業を海外に売却する場合、当局の許可を得なければならないと発表した。

国商務省が突如この様な規定を発表した事で、TikTokの買収交渉にも難航が予想される。

国政府が政治的理由からTikTokの利用禁止を宣言し、これに対し中国も政治的に対抗した事で、状況は更に悪化するとみられる。

今回の件に精通している消息筋は「この様な中国政府の措置が買収交渉を更に難しくし、TikTokの買収戦は11月の米国大統領選挙以降に延期される可能性が高い」と話した。

一方、ドナルド・トランプ米国大統領は、TikTokが利用者情報を中国当局に漏らしているとして、使用禁止命令を下すと宣言。これ以降、TikTokは米国部門の米国企業への売却を進めて来た。

現在、マイクロソフトやオラクル、ウォルマートなど、米国有数の企業がTikTok収戦に参戦している。

翻訳:水野卓

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »