ペイパル、「来年にグローバル仮想資産サービス開始」

グローバル決済大手「ペイパル」が来年、グローバル市場を対象に仮想資産サービスを開始する一方、現在1万ドルに限定した週間単位仮想資産購買限度を15000ドルに拡大するなど、仮想資産事業を積極的に推進すると公式発表した。また、各国中央銀行発行のデジタル貨幣(CBDC)をサービス対象に含めると付け加えた。

3日(現地時間)、コインデスクなど海外仮想通貨専門媒体によると、ペイパル最高経営責任者のダン·シュルマン氏は第3四半期の実績発表の席で「現在ペイパルの米国基盤ユーザーのうち10%程度が仮想資産サービスを利用できるが、12月以前に海外サービスを開始する」とし「ペイパルの仮想資産サービスが来年上半期中にモバイル決済アプリ『Venmo』と一緒にグローバル顧客に提供される」と明らかにした。

同氏は最近米国で始めた仮想資産サービスの事前予約について「私たちの(仮想資産サービス)申請者が当初の予想より2~3倍も多かった」とし、「すでに仮想資産を購入した人たちは一日に何度も財布を開いて仮想資産への投資にどんなことが起こっているのか確認している」と利用状況を紹介した。

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 韓国ではすでに約25万人のユーザーが使用しているモバイルラーニングソリューション「タッチクラス」が日…
  4. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  5. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »