イスラエルでファイザーのワクチン接種…有効性は92%

ファイザーとバイオエンテックが共同開発した新型コロナウイルスのワクチンが、イスラエルでの実際の接種で92%に達する予防効果が現れたとの研究結果が発表された。当初予想されていた95%よりは低いものの、非常にポジティブだとの評価がみられる。

海外メディアなどによると現地時間28日、イスラエルの保険維持機構(HMO)マカビは、1回目と2回目の接種を終えた163000人のうち、1週間後に新型コロナに感染した人数が31人だったとの結果を発表した。比較群となる非接種者では6437人が感染している。

これにより効果は92%となった。この数値は両グループから発生した感染者数を比較し、ワクチン接種時の発病率が低くなる程度を算出したもの。ファイザーは当初、臨床試験を通じ、予防効果を95%と提示していた。

ファイザーの数値より3%低いものの、イスラエルの専門家らは肯定的に解釈している。ワクチン担当のチーフ・アナリスト、アナト・エカ・ジョハール氏は「研究は接種を完全に終えた大規模人数を調査した世界初の事例」だと評価した。

イスラエル最大の医療機関シーバ・メディカル・センターの感染症専門家エヤル・レシャム氏は「頼もしい結果に人々が喜ぶだろう」と、「(3%低いという事を)人々は気にしないだろう。我々が期待する標準偏差内にある非常に高い数値」だと話した。

今回の研究では、12回の接種者グループと年令、健康状態などが類似した比較集団を設定して研究を進めた。研究チームは抗体形成に要する期間を考慮し、感染調査をワクチン投与後716日の間に行なった。

エカ・ジョハール氏は「ワクチン接種者グループから発生した感染者のうち、誰一人として病院に入院した事例は無かった。全員が軽症だった」と、「頭痛や軽微な痛みが現れたが、発熱はほぼ無かった」と話している。

一方この日、イスラエル保健省は、2回目の接種者715425人の中から感染者が317発生した事を明らかにした。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  2. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  3. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  4. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  5. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
ページ上部へ戻る
Translate »