K-BeautyとK-Foodで日本攻略に乗り出した「TEISHO」…韓国本来のスタイルで挑戦

「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISHOが日本の消費者から注目を集めている。 美容商品に止まらず、韓国本場の食文化を知らせるため、食品流通事業にまでその事業規模を拡大したのが功を奏している。

2017年に設立されたTEISHOは、健康·ビューティーを基盤に2020年に新たに日本国内の流通事業を拡大し、事業の転換点とした。化粧品や食品、食材を中間流通やリテール、マーチャンダイジングの領域で市場に供給し、消費者の支持を大幅に得ている。流通業界ではK−コスメに満足せず、既存の流通網をK−フードを伝播するのに活用したのが市場に受けたという評価だ。TEISHOも韓国の健康とビューティー、そして本場の食文化を正しく伝える「リーディングカンパニー」を目標に、社勢をさらに拡大していく計画だ。

TEISHOの事業は大きく二つに分けられる。まず化粧品部門は、プレミアムブランド「Re  Gén」の流通に焦点を合わせている。ReGénは再生医学で誕生した新しいスキンケア製品で、ヒト臍帯由来の幹細胞培養液を含有し、エージング効果を極大化させたのが特徴だ。

食品流通事業部門は韓国の食材及びグローバルソーシングはもちろん、日本国内の韓国食品企業との提携とネットワーク構築を通じて農産、水産、加工食品など品質競争力を備えた商品を直接発掘し、最も合理的な価格で広範囲に供給している。特に在日韓国人だけでなく日本の消費者にも人気を得ている「MOM’S KIMCHI」の日本流通を担い、韓国本場の味を日本に伝える伝達者の役割を忠実に果たしている。

その他にもファッションデザイナーとのコラボ商品や世界的に有名K-コスメなども流通している。

TEISHOのキム·ソンジン代表は、「ビューティー美容商品と共に、日本では接しにくい韓国本来の食スタイルで日本人を満足させたい」とし「さらに良い製品を発掘し日本に紹介するとともに、韓国のブランドイメージを活用したマーケティング戦略も積極的に展開していく」と述べた。

TEISHO ホームページ
www.teisho-39.co.jp

営業場の住所
162-0054 東京都新宿区河田町7−3本橋ビル1

メール
info@teisho-39.co.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »