【南北離散家族】 面会最後の朝の風景「別れがつらい…三日は短過ぎる」

【写真】第21回南北離散家族面会最終日の22日、江原道高城の金剛山面会所にて開かれた合同面会で、韓国側のチョ・ヘドさん(86歳)が姉のチョ・スンドさん(89歳)に別れの言葉を伝える姿。写真=共同取材団

【南北離散家族】 面会最後の朝の風景「別れがつらい…三日は短過ぎる」

-離散家族の高齢化問題が台頭

22日、朝鮮戦争などで離れ離れになっていた南北離散家族の再会行事が最後の朝を迎えた。同日の合同面会を最後に再び別れることになる韓国側の離散家族の表情は少し寂しく落ち込んだ様子だった。

今回の再会行事で北朝鮮の兄嫁と甥姪に会ったキム・ジョンテ(81)さんは別れを惜しみ「死ぬ前に南北が統一しない限り、永遠に会えなくなるだろうけど、別れの時は『元気でね』と言わなきゃ」と話した。

「心の中につっかえていた感情がすっかり解消された。知りたかったことも分かったので、もう心の重荷を下ろすことができそう」
北朝鮮の甥姪の二人に会ったイ・グァンジュ(93)さんはこう言いながら「うちの長男も連れて来た。私は離れた家族と会ったので、今後はこの子たちに任して、楽しくあの世に行けるだろう」と笑った。

ぺ・スニ(82)さんは北朝鮮の姉と妹に会った。ぺさんは「もう最後かと思うと悲しい。三日があっという間に過ぎた」とし「幼い頃にしょっちゅう喧嘩していた年子の妹は去年亡くなったので会えなかった。でも離れていた家族と会えてとてもありがたい気持ちだ」と話した。

面会の初日、北朝鮮の妹と甥姪に会ったキム・ダリン(92)さんは疲れが重なったせいで2日目の面会には参席できなかった。少し元気を取り戻したキムさんは「最初は全てがよかったけど、最後の日になるとちょっと気分が落ち込む」とし、今日の面会には必ず行くという。

兄や妹に会ったキム・ヨンス(81)さんも「まだ実感が湧かないけど、みんな年が年なので会うのも今日が最後かなと思うと悲しくなる」と寂しい気持ちを話した。

大韓赤十字社のチームリーダーチョン・ジョンヒ氏は「昨夜、医療スタッフに助けを求めた人はいなかった」と言いつつ「面会者や家族らの高齢化で医療問題が段々深刻になっている」と述べた。また「今回は救急車5台と、初めて緊急救助隊も待機しているが、今後が問題だ。医療問題はさらに深刻になりそうだ」とし「離散家族の高齢化については本気で悩まなければならない」と付け加えた。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港情勢が内戦の様相を呈するほどに激化し、統制不能の状態に陥った。主な香港大学では警察と学生の衝突が…
  2. 中国の習近平国家主席が香港事態について「最も緊急の課題は“暴力終息”だ」と強調した。習主席が香港問題…
  3. グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォーム「ペイパル(PayPal)」と、世界最大のアダル…
  4. ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始す…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  2. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  3. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  4. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  5. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
ページ上部へ戻る