ゲームストップ株騒動…仕掛人は平凡な「30代家長たち」

イメージはゲームストップの公式Twitterより。

米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲームストップ株を大量に購入し株価を暴騰させた「空売り戦争」の仕掛人、個人投資家らの主役が平凡な30代の男性家長である事が分かった。

ウォール・ストリート・ジャーナルは現地時間30日、ゲームストップ株「仕掛人」キース・ギル氏(34才)のインタビュー記事を掲載し、同氏の話を詳細に報じた。

2才になる娘を持つギル氏は投資を専業とする元保険会社職員。同氏の仕事部屋はマサチューセッツ州ボストンにある借家の地下室だ。

ギル氏は個人投資家の聖地と言われるオンライン・コミュニティー「レディット」の株式討論掲示板で最初にゲームストップ株の買いを推奨し、リアルタイムで「戦争」を指揮した張本人。

ギル氏の活躍によりゲームストップ株は昨年から1700%も上昇し、同氏の証券口座も3300万ドル(約345000万円)相当を保有する事になった。

ギル氏は「事がこれほど大きくなるとは思わなかった」と、「徒競走が出来る様なトラックのある家を建てたい」と話した。

同氏が利用した「レディットの株式投資討論掲示板」もジェイミー・ロゴジンスキーという平凡な30代家長が立ち上げたものだった。メキシコで3才になる双子を育てながらコンサルタントとして働くロゴジンスキー氏は2012年、ワシントンD.C.にある銀行で勤務している際にハイリスク投資に挑戦しようとしたものの、「機関に抵抗して死ぬだけだ」との忠告を受けていた。

以後、同氏は自由に投資アイデアを交換出来る情報掲示板を自ら開設した。

「人生は一度きり」というスローガンに魅了された米国の若き投資家らが大挙押し寄せた事で、この情報掲示板は個人投資家らの生地となった。

ロゴジンスキー氏はCNNとのインタビューで、今回の空売り戦争が可能だった理由を「携帯電話だけで簡単に参加出来る闘いだ。持っている資金は少なくとも、人がたくさん集まれば金融界の大物も退ける事が出来る」と話している。

翻訳:水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  2. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  3. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  4. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
  5. 東京渋谷に位置する有名デパートであるマルイで「KOREA PARK」イベントが2月23日~3月28…
ページ上部へ戻る
Translate »