ハリス副大統領の行動に波紋広がる…文大統領と握手後、服で手を拭った?

写真は米国のカマラ・ハリス副大統領(右)と韓国の文在寅大統領

フォックスニュース「コロナへの憂慮が非常に目につく形で現れた」

国のカマラ・ハリス副大統領が韓国の文在寅大統領と握手した後、自身の服で手を拭う姿が捉えられ批判の声が上がっている。SNSを中心に「礼を欠いた」との指摘もみられる。

フォックスニュースによると24日、文大統領は訪米3日目となる今月21日、ホワイトハウスに隣接するアイゼンハワー行政府ビルでハリス副大統領と面談した。この際、ハリス副大統領が文大統領と握手した後、ジャケットの裾の方に手を擦り付ける姿が取材カメラによって撮影された。

この映像が拡散したことで「ハリス副大統領が文大統領に対し無礼な行動をとった」という批判の声が高まっていると、フォックスニュースは解説している。「共和党所属の指導者がハリス副大統領と同じ行動をとったなら、批判の程度は更に激しかっただろう」との言葉も聞かれた。

あるネットユーザーは「もしこの人が共和党所属だったら、人種差別主義者だという非難も受けていただろう」と主張している。

フォックスニュースは「新型コロナの流行以降、大多数の米国民が細菌やウイルスなどに対して敏感になっているのは事実」としながらも、「ハリス副大統領がその様な憂慮を非常に目につく形で現した」と指摘した。

文大統領は23日午後、35日間の訪米日程を終え、ソウル空港を通じて帰国している。

文大統領は今月22日午前、ホワイトハウスで開かれたジョー・バイデン米国大統領との初の首脳会談で、対話・外交を通じた朝鮮半島問題の解決、世界的なワクチンパートナーシップ構築、半導体・バッテリーなど新産業分野のサプライ・チェーン協力強化などに合意したと伝えた。

翻訳︰水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 我が家は家族経営の薬局だ。業務の中心は処方箋調剤だが、一般薬などの販売もしている。コロナ禍において…
  2. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  3. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  4. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
  5. −新韓金融投資「CBDCが描く貨幣の未来」報告書−「取引手段としては縮小…価値を貯蔵する手段として…
ページ上部へ戻る
Translate »