「新型コロナが風土病になる」

デルタ株の感染拡大により、新型コロナウイルス感染症が米国や西側諸国で毎年繰り返される風土病として認識されるとの予測が出た。新型コロナウイルスが消滅しないという点では悲観的な予測だが、現状に比べウイルスの勢力が弱まるという点では楽観的な予測だ。

米食品医薬局(FDA)の前長官スコット・ゴットリーブ氏は現地時間13日、CNBCとのインタビューで、デルタ株の猛威が過ぎ去れば、新型コロナウイルス感染症が風土病になり、毎年繰り返される様になるとの見方を伝えた。

ゴットリーブ前長官は「現在我々はパンデミックから風土病ウイルスに転換する中間に置かれている」と、「少なくともここ米国と、恐らく他の西側諸国では風土病になるだろう」と話した。

冬になると繰り返されるインフルエンザ同様、新型コロナウイルスも毎年繰り返されるとの予測だ。ただし現在の様な大規模なパンデミックではなく、相対的に頻度が低いインフルエンザの様なものになるとの見解だ。

ワクチン接種が完了すれば新型コロナが終息するかもしれないとの期待は、デルタ株による突破感染もあり事実上霧散化している状況。ドナルド・トランプ前大統領当時の20172019年にFDA長官を務めたゴットリーブ氏は現在、ワクチン製造企業のファイザーをはじめ、複数の企業の理事として活動している。

同氏は、かつてパンデミック初期に一部専門家らが集団免疫を主張した際も、新型コロナウイルスには集団免疫が事実上不可能だとの予測を下している。現在は専門家らの間でも集団免疫の話は全く出ていない。

ゴットリーブ氏は「時期を具体的に決めて話すことは出来ないが、今回のデルタ株が落ち着けば、パンデミックは冬になると感染する一種の風土病として認識されるだろう」と話している。また「ただし感染レベルは現在の様に高くはないだろう」と、「ブースターショットが風土病に転換するために役立つだろう」との見方だ。

米疾病管理予防センター(CDC)はこの日、ファイザーやモデルナのワクチン接種者の場合、疾患などによりワクチンの免疫効果が低い者に対するブースターショット接種を最終承認している。

ゴットリーブ氏は、ブースターショットによりエイズ患者などの免疫力が一部改善されれば、新型コロナが深刻なパンデミックから程度がやや下がる風土病へと順位が下がることの助けになると見ている。

一方でゴットリーブ氏は、デルタ株はまだピークに達していないと、今後も暫くは感染者数が増加するだろうと悲観的だ。恐らく9月末から10月まで感染拡大は続くだろうと、11月頃にはピークに達し減少傾向に向かうことを期待していると話した。更に現在感染が急速に拡大している南部地域のデルタ株感染は今後勢いが落ち着くだろうが、ニューヨーク・ニュージャージー・コネチカットなど互いに隣接する北部3州ではデルタ株感染が増加すると警告した。

翻訳︰水野卓
Copyright © The financial news japan. All rights reserved.

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »