北朝鮮が拘束日本人の追放決定…日朝関係改善の信号弾?

北朝鮮が拘束日本人の追放決定…日朝関係改善の信号弾?

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は26日、軍事施設などを無断で撮影した容疑で拘束した日本人観光客を国外追放することを決定したと報じた。

朝鮮中央通信は「人道主義の原則に基づき、寛大に容認し、共和国の国外に追放することにした」と伝えた。同通信によると、拘束された日本人は男性で名前は「スギモト・トモユキ」。映像クリエイターで、最近観光の目的で北朝鮮を訪問した際に西部の港湾都市・南浦市で軍事施設を撮影した疑いで拘束されたという。

韓国マスコミなどは同男性がすでに中国に送られ、駐中国日本大使館が所在を確認中だと報じている。国外追補された同男性が「スギモト・トモユキ」であれば、拘束から15日だけで解放された異例的なことになり、北朝鮮の狙いに注目が集まる。1999年にスパイ容疑で拘束された日本記者の場合は解放まで2年かかり、2003年に麻薬密輸の容疑で拘束された日本人は5年以上がかかった。

韓国マスコミは、北朝鮮が「人道主義」を強調した点、日本の開放要請に応じた点などを挙げながら、「両国関係改善のための信号弾」と分析している。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 香港情勢が内戦の様相を呈するほどに激化し、統制不能の状態に陥った。主な香港大学では警察と学生の衝突が…
  2. 中国の習近平国家主席が香港事態について「最も緊急の課題は“暴力終息”だ」と強調した。習主席が香港問題…
  3. グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォーム「ペイパル(PayPal)」と、世界最大のアダル…
  4. ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始す…
  5. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…

おすすめ記事

  1. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  2. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  3. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  4. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  5. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
ページ上部へ戻る