北朝鮮が拘束日本人の追放決定…日朝関係改善の信号弾?

北朝鮮が拘束日本人の追放決定…日朝関係改善の信号弾?

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は26日、軍事施設などを無断で撮影した容疑で拘束した日本人観光客を国外追放することを決定したと報じた。

朝鮮中央通信は「人道主義の原則に基づき、寛大に容認し、共和国の国外に追放することにした」と伝えた。同通信によると、拘束された日本人は男性で名前は「スギモト・トモユキ」。映像クリエイターで、最近観光の目的で北朝鮮を訪問した際に西部の港湾都市・南浦市で軍事施設を撮影した疑いで拘束されたという。

韓国マスコミなどは同男性がすでに中国に送られ、駐中国日本大使館が所在を確認中だと報じている。国外追補された同男性が「スギモト・トモユキ」であれば、拘束から15日だけで解放された異例的なことになり、北朝鮮の狙いに注目が集まる。1999年にスパイ容疑で拘束された日本記者の場合は解放まで2年かかり、2003年に麻薬密輸の容疑で拘束された日本人は5年以上がかかった。

韓国マスコミは、北朝鮮が「人道主義」を強調した点、日本の開放要請に応じた点などを挙げながら、「両国関係改善のための信号弾」と分析している。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. - コロナ渦の中でも輸出の道を積極開拓- 現地大型流通網、SNS品評会、ユーチューバーを活用した輸…
  2. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  3. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  4. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  5. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »