「ビットコイン・ジーザス」 ロジャー・バー氏、9月に済州を訪問「仮想通貨のノウハウを共有」

「ビットコイン・ジーザス」 ロジャー・バー氏、9月に済州を訪問「仮想通貨のノウハウを共有」

来月済州を訪れて、仮想通貨が実物経済で現金のように利用されるように、関連技術とノウハウを共有する

仮想通貨ニュースサイトBitcoin.comのCEOを務めているロジャー・バー氏が来月、韓国・済州を訪問し、済州が推進している「ブロックチェーン特区案」などを議論する。バー氏は今月5日にソウルで済州道の元喜龍知事に会ってブロックチェーンの技術などについて話し合った。来月の済州訪問の際には地域仮想貨幣のエコシステムについて意見を交わす予定だ。

■「韓国は仮想通貨の大国になる可能性高い」
バー氏は最近、ファイナンシャルニュース・ブロックポストとのインタビューで「韓国人は新しいことを試みることに恐れがなく、積極的だ」とし「ビットコインキャッシュ(BCH)のインフラを拡大する過程で出会う各自治体と民間業者のリーダーもオープンマインドで、Bitcoin.comのウォレットを作ってビットコインキャッシュ(BCH)をより早く伝送して受け取る経験をした」と伝えた。

バー氏は先月、仮想通貨決済カードプロジェクトを推進している韓国企業フューズX(FuzeX)とパートナーシップを締結した。フューズXは仮想通貨の情報をリアルタイムで表示する電子ペーパー・ディスプレイが搭載された仮想通貨カードをグローバル市場に公開する計画。バー氏は「韓国の様々なブロックチェーン・プロジェクトに関心を持っている。ヒューズXは、ビザ(VISA)カード加盟店ではビットコインキャッシュ(BCH)でいつでも決済できるという点などに魅了を感じ、協力を強化している」と語った。

■仮想通貨のエコシステムが「経済的自由」をリードする
バー氏は最終的にビットコインキャッシュ(BCH)のような仮想通貨が全世界の現金に取って代わると確信している。最近開かれた20カ国・地域(G20)首脳会合で仮想通貨を「仮想の資産(Crypto-asset)」と定義することについても反論した。

同氏は「最終的な目標は、ビットコインキャッシュ(BCH)がドルのような基軸通貨の役割をすること」とし「現在のBitcoin.comを通じて関連の開発者の協力はもちろん、インフラ拡大のための努力を行っている」と説明した。

またバー氏は「政府や中央銀行が貨幣の価値を決定し、物価を調整したことで、むしろ経済の不安定性をあおっている」とし「社会構成員の経済参加と創業活動などがどれだけ活発に行われているかを意味するのが“経済的自由”だが、ビットコインキャッシュのような仮想通貨は経済的自由を高めてくれる。仮想通貨は国の一人当たりの平均所得を向上させ、失業率は下げてくれると思う」と主張した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 現地の人材をブロックチェーン専門のエンジニアとして育成し、技術開発に投入する目的で、インドでの事業展…
  2. 米テスラは、中国・上海工場で生産する電気自動車にLG化学のバッテリーを搭載することを決定した。LG化…
  3. ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」は22日(現地時間)、同社が電気自動車メーカー「テスラ」…
  4. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、済州企業の日本市場進出拡大のため、8月21日(…
  5. 韓国政府が22日、日韓軍事情報保護協定(GSOMIA)破棄を電撃決定したなか、河野太郎外務大臣はこの…

おすすめ記事

  1. 韓国の食品医薬品安全処は21日、放射能が微量検出されて返送履歴がある輸入食品の安全性検査件数を2倍に…
  2. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  3. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  4. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  5. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
ページ上部へ戻る