みんだん生活相談センター大阪意見交換会 山崎忠志弁護士「私が見た民団この50年」講演

団大阪府本部(李元徹団長)のみんだん生活相談センター大阪(朴鍾寛センター長)は昨年129日、民団大阪本部第1会議室で「2021年度意見交換会」を開催した。相談員の山崎忠志弁護士をはじめ金喜朝弁護士、韓雅之弁護士、鄭聖愛弁護士、金文成司法書士、金芳行税理士、鄭相憲行政書士、中央本部/みんだん生活相談センターの金昭夫センター所長、裵良熙事務局長、大阪本部からは金明弘副団長、朴鍾寛センター長大阪(事務局長)、崔俊一生活部長、金光子主任が参席した。在外同胞財団が後援した。

 午後4時から開かれた意見交換会は、金明弘副団長、金昭夫・みんだん生活相談センター所長の挨拶に続いて山崎忠志弁護士が「民団大阪50年(相談史)」のテーマで特別講義を行なった。

 民団大阪本部は、本部/第1・3金曜日昼間(14001600)・同夜間(18302000)、生野南支部/第2・4火曜日(14001600)の日程で団員の生活相談に応じている。意見交換会では金光子生活部主任が2021119日~127日を対象期間とする相談件数及び実績を報告した。それによると相談件数90件(大阪本部49件、生野南支部41件)で、緊急事態宣言中はコロナ感染拡大防止のため対面から電話相談に切り替えて実施した。相談内容は家族関係・登録5件、相53件、親族2件、事件・事故・裁判5件、金銭・契約問題12件、税務3件、不動産4件、その他6件。対面32件、電話58件でいずれも電話相談が対面件数を上回った。

 このため相談員らによる意見交換会では電話相談の対応に加えてHPの充実(SNS活用)、広報活動の充実、休日開設、合同相談日の設定、相談者訪問、相談員の来年に向けた体制などについて意見交換がなされた。事務局から、今後は健康をテーマにした「医療相談」などにも傾注し、幅広い分野から団員へのアプローチ講究が必要だとの提言があった

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »