非公開化断念で混沌たるテスラ

写真はテスラの最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏のツイッターより。

非公開化断念で混沌たるテスラ

非上場化の計画を発表してから17日目となった24日(現地時間)、計画の撤回を決定した米電気自動車(EV)大手テスラの今後の路線に注目が集まっている。海外メディアは今回のハプニングでテスラが集団訴訟に直面するなど、開けてしまったパンドラの箱を簡単には閉められないと予想した。

米証券取引委員会(SEC)はテスラの非上場化発表当時、資金を確保していると公表してことを含め、証券法違反の疑いがあるとして調査に乗り出した。テスラ側はニューヨークの大手法律事務所を通じて対応の準備をしているという。

英紙フィナンシャル・タイムズはテスラが法律事務所の「ポール、ワイス、リフキンド、ワートン&ギャリソン」を起用したのはSECの調査を深刻に受けとめていることで、最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏のツイッター投稿から始まった問題は簡単に決着がつくものではないことを示していると報じた。

同紙はまた、テスラの役員らがSECの調査だけではなく、投資家らの集団訴訟も深く懸念していると伝えた。

テスラの役員らは24日にマスク氏を全面的に支持する方針を示したものの、同紙は「今後の資金調達のためにも投資家らの信頼を早期に回復することが大事だ」と伝えた。

米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は26日、サウジアラビアの政府系ファンド資金を確保したというマスク氏の主張は事実ではなく、5%の株式を既に保有していたサウジアラビア王室も不快感を示したと報じた。同紙によると、サウジアラビア政府の関係者はマスク氏の突発的な言動と共に同氏の健康やテスラでの今後の役割に対しても疑問を提示したという。

テスラの内部からも、エコカーを作る企業が化石燃料を生産するサウジアラビアに株を販売したことに対して反発があった。そのため、今回のマスク氏の発言で知られた、サウジアラビアから資金調達計画には批判の声があがっている。また、脱石油経済を目指しているサウジアラビアはテスラのライバル企業「ルシード・モータース」への投資を検討していることが分かり、「テスラとサウジアラビアが手を組むのは不適切だ」と指摘されている。

翻訳:尹怡景

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 10月13日に25歳の誕生日を迎える、世界的な人気を誇るBTSのジミン。世界各地のARMY(BTSの…
  2. 「大久保まつり」が10月14日に開催される。場所は例年通りにJR新大久保駅から大久保2丁目交差点まで…
  3. サウジアラビアの港でイラン国営石油会社のタンカーが爆発し、大量の石油が紅海に流出した。イランは今回の…
  4. 米航空機メーカーのボーイング社と独自動車メーカーのポルシェが「空飛ぶ電気自動車」を共同開発することで…
  5. 曹国(チョ・グク)法務部長官任命から1ヶ月が経過したものの依然として賛否論争は激しく、文在寅大統領と…

おすすめ記事

  1. フェイスブックの仮想通貨リブラの同盟が急激に揺れ動いている。世界最大のオンライン決済企業のひとつ、ペ…
  2. 今年下半期に日本円の価値が世界各国の通貨の中で最も大幅に上昇するとの見通しだ。世界的な景気沈滞への憂…
  3. 韓国外交部は27日、声明を出し、「日本の防衛白書は、我々の固有の領土である独島(竹島)に対して領有権…
  4. 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率が40%台前半に落ち込んだ。世論調査会社「リアルメーター…
  5. 韓国でアフリカ豚コレラ(ASF)が拡散の兆しを見せているなか、豚肉の価格が暴騰する動きを見せ懸念が高…
ページ上部へ戻る