アルゼンチン、金利60%に利上げ…ペソ、リラ下落加速

アルゼンチン、金利60%に利上げ…ペソ、リラ下落加速

アルゼンチンの中央銀行は30日、政策金利を年率60%に引き上げた。通貨ペソの下落を止めようとする緊急処置だが、通貨安は止まらず加速する様子だ。トルコリラも下落が続いた。9月13日の政策金利利上げ決定を控えた緊迫した時点で、トルコ中央銀行のキリミジ副総裁が辞任。下げ基調がさらに拡大した。アルゼンチンとトルコの通貨不安はすぐに他の新興国に広まり、南アフリカ共和国のランドが2%以上急落するなど、世界の金融市場を揺さぶっている。

英紙フィナンシャルタイムズによると、アルゼンチンの中央銀行(BCRA)は同日、ペソ急落を落ち着かせるために政策金利を15%に緊急利上げすると発表した。中銀は今月13日に金利を45%に引き上げたばかりだ。しかし、ペソ安を食い止めるのが緊急利上げの狙いだが、ペソ下落は止まらず、金利引き上げ後も12.6%も下落し、1ドル41ペソと史上最安値を更新した。年初来の下落幅は51.7%となった。

トルコでは、2週後に政策金利引き上げを議論する重要な通貨政策会議を控えて中銀のキリミジ副総裁が辞任した。市場ではエルドアン大統領の勢力がさらに拡大することに懸念を示している。

エルドアン大統領は今年6月に再執権し、大統領の権限を大幅に強化。中央銀行総裁と4人の副総裁を直接任命する権限を持つようになった。空席になった副総裁は「高金利の敵」を自任するエルドアン大統領が指名する人物で埋められることになり、不安感が高まっている。この影響でリラの下げ幅は一時5%まで拡大した。

アルゼンチンとトルコの通貨不安は新興国の資産売りにつながった。新興国の株式市況を反映しているFTSE新興国指数は同日1.3%下落し、過去3週で最大の下げを記録した。新興国の通貨価値を示すJPモルガン新興市場通貨指数も同日1%下落し、史上最低水準となった。

南アフリカ共和国のランドは2.5%下落し、中南米の通貨も大幅下落した。またチリペソは1.8%、ブラジルレアルは1%、コロンビアペソは0.8%の下げ幅を記録した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の徐虎(ソ・ホ)統一部次官は16日、慶応大学で開催された「朝鮮半島国際平和フォーラム」に出席し、…
  2. 懸念の声が高まっているフェイスブックの独自の仮想通貨「リブラ」が、米国の安保上の問題にまで浮上してい…
  3. 日本による輸出規制措置に対し、韓国政府がWTO(世界貿易機構)を中心とした「国際世論戦」と「WTO提…
  4. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  5. 通称「カブトムシ」で広く知られている、独フォルクスワーゲン(VW)の小型車「ビートル(Beetle)…

おすすめ記事

  1. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  2. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  3. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  4. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
  5. 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は8日、日本政府の「輸出規制」の撤回を要求した。…
ページ上部へ戻る