LINE、独自の仮想通貨「LINK」公開

LINE、独自の仮想通貨「LINK」公開

LINEが31日、LINE内のサービスで活用できる仮想通貨「LINK」を公開した。LINKはLINEのサービスを利用する程度に応じて無償で取得することができる。

LINE側は「今後、リンク(LINK)は、分散型アプリケーション‟dApp“サービスだけでなく、コンテンツ、電子商取引、個人間送金、ゲーム、仮想通貨取引所などのさまざまなサービスで決済・リワード手段として活用される予定だ」と伝えた。LINEは来月、同社の仮想通貨取引所「BITBOX」にLINKを上場する予定だ。

LINKの発行枚数は計10億枚で、トークンエコノミーの発展と事業の進捗状況などに応じて順次発行される。8億枚はLINKに参加するサービス別ユーザーの報酬ポリシーに基づいて分配され、2億枚はLINK発行元であるラインテックプラスで予備費として管理する。

一方、LINEは資金調達のための新規仮想通貨公開(ICO)は採用しない方針だ。LINKに関連する情報はLINK公式ホームページを介してのみ公知される。

また、日本居住者は、分散型アプリ「dApp」サービスの活動のリワードとしてLINKポイントを獲得できる。

LINE側は「LINKポイントは、LINEスタンプなどを購入することができるLINEポイントに交換可能となる」とし「LINEが日本当局の承認を受けるまでは、仮想通貨取引所での取引、送金、売買は不可能」と伝えた。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 世界保健機関(WHO)は13日(現地時間)、新型コロナウイリス新規患者が19日、全世界で30万79…
  2. 孫正義会長率いるソフトバンクグループ(SBG)が半導体企業アームを米エヌビディアに売却する。…
  3. 北朝鮮の金正恩国務委員長が米国のドナルド・トランプ大統領に送った親書で、2人の友情を「魔法の力」と表…
  4. ソウルなどの首都圏地域を対象にした韓国政府のソーシャルディスタンス強化措置が更に延長される事となり、…
  5. ビットコイン(BTC)が1日で700ドルも急落した。特に今回の急落の背景として、韓国最大の仮想資産取…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  2. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  3. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
  4. 米国のドナルド・トランプ大統領がマスクをするのが「愛国」だとツイートし、マスク着用推進に動いた。…
  5. 世界の新型コロナウイルスの累積感染者数が1000万人を超え、感染再拡大の恐怖が現実化している。ワクチ…
ページ上部へ戻る
Translate »