LINE、独自の仮想通貨「LINK」公開

LINE、独自の仮想通貨「LINK」公開

LINEが31日、LINE内のサービスで活用できる仮想通貨「LINK」を公開した。LINKはLINEのサービスを利用する程度に応じて無償で取得することができる。

LINE側は「今後、リンク(LINK)は、分散型アプリケーション‟dApp“サービスだけでなく、コンテンツ、電子商取引、個人間送金、ゲーム、仮想通貨取引所などのさまざまなサービスで決済・リワード手段として活用される予定だ」と伝えた。LINEは来月、同社の仮想通貨取引所「BITBOX」にLINKを上場する予定だ。

LINKの発行枚数は計10億枚で、トークンエコノミーの発展と事業の進捗状況などに応じて順次発行される。8億枚はLINKに参加するサービス別ユーザーの報酬ポリシーに基づいて分配され、2億枚はLINK発行元であるラインテックプラスで予備費として管理する。

一方、LINEは資金調達のための新規仮想通貨公開(ICO)は採用しない方針だ。LINKに関連する情報はLINK公式ホームページを介してのみ公知される。

また、日本居住者は、分散型アプリ「dApp」サービスの活動のリワードとしてLINKポイントを獲得できる。

LINE側は「LINKポイントは、LINEスタンプなどを購入することができるLINEポイントに交換可能となる」とし「LINEが日本当局の承認を受けるまでは、仮想通貨取引所での取引、送金、売買は不可能」と伝えた。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米朝対話が再開の兆しを見せている。2回目の米朝首脳会談が決裂した後、膠着状態となっていた米朝両国の態…
  2. ビットコイン(BTC)が強力な支持線であった4000ドルラインを割り込んだ。…
  3. 日本最大検索ポータルのヤフージャパンが系列会社への投資を通じて間接的に仮想通貨取引所事業に進出する。…
  4. 韓国の未婚率が急激に増加しているなか、恋愛をしている人の割合も低下していることが分かった。調査による…
  5. 韓国裁判所は25日、元朝鮮女子勤労挺身(ていしん)隊員らが申請した三菱重工業の韓国内資産の差し押さえ…

おすすめ記事

  1. 2019-3-21

    Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由

    ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  2. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  3. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  4. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  5. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…

アーカイブ

ページ上部へ戻る