LINE、独自の仮想通貨「LINK」公開

LINE、独自の仮想通貨「LINK」公開

LINEが31日、LINE内のサービスで活用できる仮想通貨「LINK」を公開した。LINKはLINEのサービスを利用する程度に応じて無償で取得することができる。

LINE側は「今後、リンク(LINK)は、分散型アプリケーション‟dApp“サービスだけでなく、コンテンツ、電子商取引、個人間送金、ゲーム、仮想通貨取引所などのさまざまなサービスで決済・リワード手段として活用される予定だ」と伝えた。LINEは来月、同社の仮想通貨取引所「BITBOX」にLINKを上場する予定だ。

LINKの発行枚数は計10億枚で、トークンエコノミーの発展と事業の進捗状況などに応じて順次発行される。8億枚はLINKに参加するサービス別ユーザーの報酬ポリシーに基づいて分配され、2億枚はLINK発行元であるラインテックプラスで予備費として管理する。

一方、LINEは資金調達のための新規仮想通貨公開(ICO)は採用しない方針だ。LINKに関連する情報はLINK公式ホームページを介してのみ公知される。

また、日本居住者は、分散型アプリ「dApp」サービスの活動のリワードとしてLINKポイントを獲得できる。

LINE側は「LINKポイントは、LINEスタンプなどを購入することができるLINEポイントに交換可能となる」とし「LINEが日本当局の承認を受けるまでは、仮想通貨取引所での取引、送金、売買は不可能」と伝えた。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 韓国政府は31日、9月3日0時から海外入国者に義務付けられていた入国前のコロナ検査と陰性証明書の提出…
  2. 米国内でマリファナ(大麻)を吸う人がタバコ喫煙者より多くなったという結果が発表された。 米国の放送C…
  3. F.ableが特別なライブ公演を企画した。 F.ableの所属事務所は最近「F.able3rdSin…
  4. 駐神戸大韓民国総領事館は、「2022神戸K-POPソング&ダンスコンテスト」を開催します。 K-Po…
  5. 製紙や化粧品などを流通する「SUNOCS(サンオクス、代表:太川玉緒)」は、6月9日〜10日にインテ…
ページ上部へ戻る
Translate »