「トランザクションが1秒で30万件」…Sigma Chainが国際認定

Sigma Chainのロゴ

「トランザクションが1秒で30万件」…Sigma Chainが国際認定

ブロックチェーン・プロジェクト「シグマチェーン(Sigma Chain)」は10日、メインネットの処理速度(1秒当たり30万件)が国際公認テスト機関の認定を受けたと発表した。発表によると、シグマチェーンは明確な品質を確認するため、ソフトウェア品質テスト専門機関のワイズストーンICTにメインネットのトランザクション(ユーザー間の取引)テストを依頼し、「トランザクション処理性能で‟1秒当たり30万件”」を認定された。

ただ、実際の商用サービスでもこの速度を維持できるかは未知数。実験室のような限られた環境では1秒あたりに数十万件を処理することができたとしても、実際のサービスの環境では処理可能件数が大幅に減少するのが一般的からだ。1秒に10万件を処理できると確信したイオス(EOS)も、実際のメインネットでは1秒2000〜3000件のトランザクションにとどまっている。

シグマチェーンの説明によると、1秒30万件のトランザクションは既存のインターネットサービスを置き換えられる速度。1秒7件に過ぎないビットコインと比べば、約4万3000倍優れた性能となる。トランザクションの性能が高くなると、トラフィックの急増による処理速度の減少問題を解決することができる。

シグマチェーンのクァク・ジニョン社長は、「国際公認機関のテストで、シグマチェーンの先進ブロックチェーン技術力が証明された」とし「1秒30万件というトランザクション処理性能は、ブロックチェーンの商用化が可能なレベルだ」と主張した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 犬を放置して死なせたペットショップの店主が控訴審でも執行猶予付きの判決を言い渡された。…
  2. 韓国繊維産業の中心地「慶尚北道」に拠点を置く繊維企業が、日本の東京で輸出商談会を開催する。参加企業は…
  3. アップルが今年4月の公開を目標にしている、動画配信サービスが最終段階に入った。…
  4. 世界最大の電子商取引企業アマゾンは14日(現地時間)、米国・ニューヨークに設立する第2本社建設計画を…
  5. 米銀大手JPモルガン・チェースが独自の仮想通貨を発行する予定だと米放送局CNBCが14日(現地時間)…

おすすめ記事

  1. 2019-2-12

    韓国、海外ポルノサイトへの接続遮断でネット民が悲鳴

    韓国のネット民、特に男性ユーザーが悲鳴を上げている。韓国政府が海外ポルノサイトへの接続を遮断する強力…
  2. 2019-2-8

    イエレン前FRB議長、「FRBの次の一手は金利引き下げ」

    米FRBが次に取る政策は、金利引き上げではなく金利引き下げになると、ジャネット・イエレン前FRB議長…
  3. 2019-1-31

    ベネズエラ石油制裁本格化…事実上最大の被害国は米?

    トランプ政権によるベネズエラへの経済制裁は、全世界の石油業界、特に米国の石油業界に深刻な打撃を与える…
  4. 2019-1-30

    またも歴代最低出生数を更新…加速する韓国の少子化

    韓国の出生数がまたも歴代最低数値を更新した。政府は少子化対策のためここ13年間130兆ウォン(約12…
  5. 2019-1-28

    日韓再婚カップル、子供の相続分は?

    国際結婚の場合は、まずどちらの国の法律が適用されるかを考えなければなりません。亡くなられた方が韓国国…

アーカイブ

ページ上部へ戻る