「トランザクションが1秒で30万件」…Sigma Chainが国際認定

Sigma Chainのロゴ

「トランザクションが1秒で30万件」…Sigma Chainが国際認定

ブロックチェーン・プロジェクト「シグマチェーン(Sigma Chain)」は10日、メインネットの処理速度(1秒当たり30万件)が国際公認テスト機関の認定を受けたと発表した。発表によると、シグマチェーンは明確な品質を確認するため、ソフトウェア品質テスト専門機関のワイズストーンICTにメインネットのトランザクション(ユーザー間の取引)テストを依頼し、「トランザクション処理性能で‟1秒当たり30万件”」を認定された。

ただ、実際の商用サービスでもこの速度を維持できるかは未知数。実験室のような限られた環境では1秒あたりに数十万件を処理することができたとしても、実際のサービスの環境では処理可能件数が大幅に減少するのが一般的からだ。1秒に10万件を処理できると確信したイオス(EOS)も、実際のメインネットでは1秒2000〜3000件のトランザクションにとどまっている。

シグマチェーンの説明によると、1秒30万件のトランザクションは既存のインターネットサービスを置き換えられる速度。1秒7件に過ぎないビットコインと比べば、約4万3000倍優れた性能となる。トランザクションの性能が高くなると、トラフィックの急増による処理速度の減少問題を解決することができる。

シグマチェーンのクァク・ジニョン社長は、「国際公認機関のテストで、シグマチェーンの先進ブロックチェーン技術力が証明された」とし「1秒30万件というトランザクション処理性能は、ブロックチェーンの商用化が可能なレベルだ」と主張した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国の生活水準を表す昨年の1人あたりの国民総所得(GNI)がG7(主要先進国)構成国家のイタリアを…
  2. 米テスラのCEO(最高経営者)イーロン·マスク氏が世界最高の富豪となった。世界最高の富豪順位が変わ…
  3. −英国、1日で約6万人の感染者−ジョンソン首相「絶望的…怖い」−ワクチンが無用の長物となる危機−ド…
  4. −ブラックロック、仮想通貨専門人員採用予定−ペイパル、今年から仮想通貨決済サービス開始−韓国国内銀…
  5. [caption id="" align="alignnone" width="719"] 大阪難…

おすすめ記事

  1. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
  2. 米国の新型コロナウイルス感染症による1日の死亡者数が過去最悪のテロ事件に上げられる911テロの犠牲…
  3. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  4. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  5. 韓国の中古品売買サイト「ニンジンマーケット」で問題となった出品のキャプチャ ‐該当出品は現在削除、…
ページ上部へ戻る
Translate »