「トランザクションが1秒で30万件」…Sigma Chainが国際認定

Sigma Chainのロゴ

「トランザクションが1秒で30万件」…Sigma Chainが国際認定

ブロックチェーン・プロジェクト「シグマチェーン(Sigma Chain)」は10日、メインネットの処理速度(1秒当たり30万件)が国際公認テスト機関の認定を受けたと発表した。発表によると、シグマチェーンは明確な品質を確認するため、ソフトウェア品質テスト専門機関のワイズストーンICTにメインネットのトランザクション(ユーザー間の取引)テストを依頼し、「トランザクション処理性能で‟1秒当たり30万件”」を認定された。

ただ、実際の商用サービスでもこの速度を維持できるかは未知数。実験室のような限られた環境では1秒あたりに数十万件を処理することができたとしても、実際のサービスの環境では処理可能件数が大幅に減少するのが一般的からだ。1秒に10万件を処理できると確信したイオス(EOS)も、実際のメインネットでは1秒2000〜3000件のトランザクションにとどまっている。

シグマチェーンの説明によると、1秒30万件のトランザクションは既存のインターネットサービスを置き換えられる速度。1秒7件に過ぎないビットコインと比べば、約4万3000倍優れた性能となる。トランザクションの性能が高くなると、トラフィックの急増による処理速度の減少問題を解決することができる。

シグマチェーンのクァク・ジニョン社長は、「国際公認機関のテストで、シグマチェーンの先進ブロックチェーン技術力が証明された」とし「1秒30万件というトランザクション処理性能は、ブロックチェーンの商用化が可能なレベルだ」と主張した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 期待されたG20サミット期間中の日韓首脳会談開催が実務段階で不発に終わったことが分かった。…
  2. 米国がイランと軍事的衝突などの物理的な対立ではなく、表に現れない、いわゆる「見えない戦争」を繰り広げ…
  3. 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  4. 29日に訪韓するトランプ米大統領が同期間中に北朝鮮の金正恩国務委員長と会談する可能性が浮上しているな…
  5. ビットコインの価格が1万ドルを再突破したことで、仮想通貨市場に楽観論が急速に広がっている。…

おすすめ記事

  1. 2019-6-25

    韓国外相「日本が報復措置をとると、韓国も黙ってはいられない」

    韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  2. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  3. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  4. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  5. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…

アーカイブ

ページ上部へ戻る