慰謝料130万円を全て小銭で支払った男性

慰謝料130万円を全て小銭で支払った男性

インドネシアのある男性が、元妻への慰謝料を約890kgに達する小銭で支払い話題となった。

離婚した元妻への約130万円の慰謝料を、全て小銭で渡したという男性のエピソードが、ジャカルタポストなど現地メディアによって伝えられた。

インドネシアのセントラルジャワに住むこの男性は5月に妻と離婚。9年間に渡って財政的に妻を苦しめたという理由で、裁判所は男性に対し慰謝料1億7800万ルピア(約130万円)の支払いを命じた。

しかし当時、男性には慰謝料の支払い能力が無く、友人らが男性のために小銭を細々と集め始めた。

男性は「平社員である自分が、どうして130万円の慰謝料を支払うことができるだろうか。そんな私を見かねた友人たちが小銭を寄付してくれるようになった」と語った。

このようにして集まった小銭は、わずか3ヵ月で1億5500万ルピア(約120万円)に到達した。男性は先月末、このお金を持って裁判所を訪れた。小銭袋は14個、総重量は890kgを超えていた。

差額分は紙幣で支払われたが、お金を受け取った元妻はこれに不快感を示した。彼女は「侮辱された気分。物乞い扱いされたようで当惑している」と語った。

翻訳者:M.I
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のような仮想通貨の取引収入に対する課税案作…
  2. gjsr
    来年の世界の株式市場は米国の「10年天下」が幕を下ろし、日本、韓国、ドイツ、中国などの新たな「10年…
  3. 写真はBTSのオフィシャルSNSから BTS(防弾少年団)が披露する新しい複合体験空間「BT…
  4. 米国のトランプ大統領が大陸間弾道ミサイルの実験を再開したとみられる北朝鮮に強力な警告のメッセージを送…
  5. 石油輸出国機構(OPEC)が総会で減産量をより増やすこと議論し、合意にほぼ達したことがわかった。5日…

おすすめ記事

  1. 日本のソフトバンクと韓国のNAVERが結んだ「テックフィン同盟」では、ブロックチェーン技術が統合会社…
  2. 中国がブロックチェーン・仮想通貨技術を元にした「デジタル人民元」発行の秒読み段階に入った。専門家らは…
  3. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
ページ上部へ戻る