中国離れ加速…貿易戦争でアジア国へ移転開始

中国離れ加速…貿易戦争でアジア国へ移転開始

香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは17日、米中貿易戦争が深刻化するにつれ中国の企業も賃金が安い他のアジア国家へ製造施設を移転していると報じた。

記事によると、中国と香港の企業らがインドやバングラデシュ、ベトナム、マレーシアなどへ生産拠点を移転し、現地での人材採用も増やしている。

ヘッドハンティング会社DHRインターナショナルのクリソン・グレイヴィ社長は「中国は多くの企業にとって重要な製造拠点ではあるが、貿易戦争に備え海外へ施設を拡大している」とし「東南アジア国家での採用を増やしている」と述べた。

DHRのアジア・太平洋パートナー デイビッド・ネーギー氏は「中国の賃金コスト上昇によってここ数年、他のアジア地域への移転が進められてきた」とし「タイやベトナム、マレーシア地域を好んでいる」と語った。また同氏は「企業らが中国から完全に撤退するわけではないが、東南アジアに追加の生産施設を置くようにしている」と説明した。

ヘッドハンティング社べーランスアンドコンパニ―の理事ジェリー・チャン氏も「東南アジア採用関連だけではなく、現地の雇用関連規制などについての問い合わせも大きく増えている」と伝えた。チャン氏は「このような東南アジアへの移転は中国内での費用増加により加速化していくだろう」と述べた。

サウスチャイナ・モーニング・ポストは、7月にも中国で30年以上に渡り玩具や家電、繊維、プラスチック工場を運営している香港の企業らが貿易戦争への懸念や土地および賃金上昇のため、東南アジアの低賃金国家へ移転を行なっていると報じている。

また、ある企業人の言葉として「熟練した労働者が多いマレーシアが貿易戦争の勝者になる可能性がある」と伝えた。

翻訳:尹怡景

 

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国の女子大生らが最高80万円で自身の卵子を売っていることが明らかになった。中国のニュースサイトTh…
  2. 韓国統一省は22日、北朝鮮が同日午前に南北共同連絡事務所の韓国側に「北側の連絡事務所は上部の指示に基…
  3. 根本匠厚生労働相は22日、金浦(キンポ)空港で暴行事件を起こした同省の幹部に対し「事実関係をしっかり…
  4. ホテル新羅の社長でサンスン家の長女である李富真(イ・ブジン)氏の"プロポフォール投与疑惑"を捜査して…
  5. 米国のドナルド・トランプ大統領と日本の安倍晋三首相が4月から6月まで、毎月となる3ヶ月連続で面会し、…

おすすめ記事

  1. 2019-3-21

    Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由

    ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  2. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  3. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  4. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  5. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…

アーカイブ

ページ上部へ戻る