米国務長官、米朝交渉再開を発表…北朝鮮を「DPRK」と呼ぶ

米国務長官、米朝交渉再開を発表…北朝鮮を「DPRK」と呼ぶ

ポンペオ米国務長官が19日、「トランプ大統領の1期(2021年1月)内に北朝鮮の非核化の完成を目指し、米朝交渉をすぐに再開する」と明らかにした。

具体的には、国際原子力機関(IAEA)本部があるオーストリア・ウィーンでスティーブン・ビーガン北朝鮮政策特別代表との会談を提案した。北朝鮮がこれに応じる場合、非核化と平和体制を両軸とした米朝交渉が回復軌道に乗り、朝鮮半島の情勢は新しい転機を迎える見通しだ。

ポンペオ国務長官は同日の声明で、「米国は文在寅大統領と金正恩朝鮮労働党委員長に平壌での会談成功の結果についてお祝いの意を伝えたい」と明らかにした。南北首脳の共同記者会見と「平壌共同宣言」が発表されて1時間後にトランプ大統領が歓迎のツイートを投稿したのに続き、米朝交渉を総括するポンペオ長官が交渉開始を公式化したもので大きな注目を集めた。

ポンペオ長官は平壌共同宣言と関連し、「文大統領と金委員長が、米国とIAEA査察団の参観のもとで寧辺のすべての核施設を永久に解体することを含めて、朝鮮半島の完全な非核化のためにシンガポール共同声明を再確認したことを歓迎する」と述べた。また、「金委員長が最終的かつ完全に検証された北朝鮮の非核化(FFVD)に向けた措置として、すでに発表したとおりに東倉里ミサイル試験場を米国と国際査察団の参観の中で永久廃棄する作業を完了するという決定を下したことについて歓迎する」と付け加えた。

ポンペオ長官は、「このような重要な約束に基づいて、米国は米朝関係を転換するための交渉に即座に参加する準備ができている」と強調した。また、その交渉再開の処置として、「国連総会に合わせて来週、ニューヨークで会談することを北朝鮮の李容浩 (リ・ヨンホ)外相に提案。またウィーンで、できるだけ早い時期にビーガン北朝鮮政策特別代表と会談することも北朝鮮に要請した」と明らかにした。

ポンペオ長官は、今回稼動する「ウィーン・チャンネル」について、「これは2021年1月までに完成される北朝鮮の迅速な非核化プロセスを介して米朝関係を変化させる一方、朝鮮半島の持続的かつ安定的な平和体制を構築するための交渉の出発点になるだろう」と期待した。

同発言の際にポンペオ長官は、北朝鮮を今までの「North Korea」ではなく、北朝鮮の公式の英語国名であるDPRK(Democratic People’s Republic of Korea、朝鮮民主主義人民共和国)と呼び、注目を集めた。

ポンペオ長官の同日の声明は‟交渉再開”以上の意味を持つ。6月の米朝首脳会談で採択された共同声明の合意事項を具体化し、70年間の敵対関係の清算を目指すと同時に、非核化と平和体制のプロセスに本格的に突入するという意味合いもあると分析される。

米朝交渉再開とかみ合って、トランプ大統領と金委員長の2次首脳会談開催にも弾みがつく見通しだ。トランプ大統領は同日、金委員長とすぐ会談するのかという記者の質問に「私たちはそうなると思う(We will be)」と述べた。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 期待されたG20サミット期間中の日韓首脳会談開催が実務段階で不発に終わったことが分かった。…
  2. 米国がイランと軍事的衝突などの物理的な対立ではなく、表に現れない、いわゆる「見えない戦争」を繰り広げ…
  3. 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  4. 29日に訪韓するトランプ米大統領が同期間中に北朝鮮の金正恩国務委員長と会談する可能性が浮上しているな…
  5. ビットコインの価格が1万ドルを再突破したことで、仮想通貨市場に楽観論が急速に広がっている。…

おすすめ記事

  1. 2019-6-25

    韓国外相「日本が報復措置をとると、韓国も黙ってはいられない」

    韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  2. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  3. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  4. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  5. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…

アーカイブ

ページ上部へ戻る