米株が8ヶ月ぶり最高値記録…好材料重なる

米株が8ヶ月ぶり最高値記録…好材料重なる

米株式市場が景気好調や企業業績の上昇、貿易戦争の余波縮小など、様々な好材料に支えられ、約8カ月ぶりに再び最高値を更新した。専門家らは、今のような好況が続く場合、今年の株式市場は市場の見通しを上回る成績を残すことができると期待している。

ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は20日、前日比で251・22ドル高の2万6656・98ドルを記録した。終値としては過去最高値で、1月26日の2万6616.71ドル以降約8ヶ月ぶりの最高値更新となる。

代表的な指標であるS&P500指数も22.80ポイント(0.78%)上昇した2930.75で取引を終え、史上最高値を記録した。ハイテク株中心のナスダック総合株価指数は78.19ポイント(0.98%)上昇した8028.23を記録し、再び8000台を回復した。

米株式市場がこのように強気を見せた理由は様々な好材料が重なったからだ。まず、米経済成長が投資心理を刺激した。20日に発表された9月第2週の失業保険申請件数は20万1000件で前週比3000件減となった。20万1000件は1969年12月以来、約49年ぶりの低水準だ。また、企業の業績も株価を引き上げるに一役買った。米市場調査会社ファクトセットによると、S&P500の上場企業の今年上半期の収益率は前年比で25%増加した。第3四半期の収益も19%増になると予想される。

さらに米中貿易戦争の収拾への期待感が高まっている。中国の李克強首相は19日、世界経済フォーラムの基調演説で「紛争は交渉を通じて解決しなければならない」と対話の意思を明らかにした。その影響で、主要通貨に対するドル指数は20日、貿易戦争による緊張感が和らぐなるという予測に支えられ、8月以来安値の88.82を記録した。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、「米国の金利引き上げが近くなると、債券投資家が株式市場に移動している」と分析した。米10年物国債の利回りは現在、4週連続で下落傾向を見せており、2年物国債も2008年6月以降最安値を記録している。専門家は「債券価格が下落するほど、より多くの人々が資金を証券市場に移す危険を冒すだろう」と予想した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −24時間で約100万円下落−ビットコインの変動性に対する憂慮発言相次ぐ ビットコイン(BTC)が…
  3. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  4. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  5. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…

おすすめ記事

  1. 私たち人類を苦しめた2020年が終わり、約1年経過した新型コロナウイルスが、未だに私たちを脅かして…
  2. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  3. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  4. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  5. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
ページ上部へ戻る
Translate »