米株が8ヶ月ぶり最高値記録…好材料重なる

米株が8ヶ月ぶり最高値記録…好材料重なる

米株式市場が景気好調や企業業績の上昇、貿易戦争の余波縮小など、様々な好材料に支えられ、約8カ月ぶりに再び最高値を更新した。専門家らは、今のような好況が続く場合、今年の株式市場は市場の見通しを上回る成績を残すことができると期待している。

ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は20日、前日比で251・22ドル高の2万6656・98ドルを記録した。終値としては過去最高値で、1月26日の2万6616.71ドル以降約8ヶ月ぶりの最高値更新となる。

代表的な指標であるS&P500指数も22.80ポイント(0.78%)上昇した2930.75で取引を終え、史上最高値を記録した。ハイテク株中心のナスダック総合株価指数は78.19ポイント(0.98%)上昇した8028.23を記録し、再び8000台を回復した。

米株式市場がこのように強気を見せた理由は様々な好材料が重なったからだ。まず、米経済成長が投資心理を刺激した。20日に発表された9月第2週の失業保険申請件数は20万1000件で前週比3000件減となった。20万1000件は1969年12月以来、約49年ぶりの低水準だ。また、企業の業績も株価を引き上げるに一役買った。米市場調査会社ファクトセットによると、S&P500の上場企業の今年上半期の収益率は前年比で25%増加した。第3四半期の収益も19%増になると予想される。

さらに米中貿易戦争の収拾への期待感が高まっている。中国の李克強首相は19日、世界経済フォーラムの基調演説で「紛争は交渉を通じて解決しなければならない」と対話の意思を明らかにした。その影響で、主要通貨に対するドル指数は20日、貿易戦争による緊張感が和らぐなるという予測に支えられ、8月以来安値の88.82を記録した。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、「米国の金利引き上げが近くなると、債券投資家が株式市場に移動している」と分析した。米10年物国債の利回りは現在、4週連続で下落傾向を見せており、2年物国債も2008年6月以降最安値を記録している。専門家は「債券価格が下落するほど、より多くの人々が資金を証券市場に移す危険を冒すだろう」と予想した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 女性も男性同様に性的な夢を見る-50年前の調査時に比べ3倍以上増加 女性も男性と同じように性…
  2. 「学生らしさ」 vs 「人権の尊重」…中学校で生徒のスカート丈を計測? -「目のやり場に困る…
  3. ドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』が大ヒットしアジア中を席巻すると、CNNはいち早く主演のコ…
  4. 韓国外交部は19日、「韓国が国際法に違反している」との内容の河野太郎外務相の談話について強く反論した…
  5. 韓国の日本旅行ボイコット運動が日本の「訪日外国人旅行者4000万人(来年)誘致」目標への不安材料とな…

おすすめ記事

  1. ユーザーがアプリに提供するデータに対し、報酬として仮想通貨を付与する「報酬型ブロックチェーンアプリケ…
  2. トランプ米大統領が12日、就任以来初めて仮想通貨についての見解を示した。…
  3. 10日、「日本の輸出規制」への対応策を講じるための韓国大統領府緊急懇談会に参加した韓国主要企業らは「…
  4. 「徴用工賠償判決」による日韓間の対立に触発された経済摩擦で日韓関係が最悪の状況に陥っている。この様な…
  5. 政府トップの林鄭月娥行政長官が、香港を揺るがしている「逃亡犯条例」改正案の完全廃棄を宣言した。…
ページ上部へ戻る