グーグル、仮想通貨広告を10月から一部解禁

グーグル、仮想通貨広告を10月から一部解禁

仮想通貨と関連した広告配信を全面禁止とした米グーグルが10月から仮想通貨広告を再容認する。

グーグルは26日、金融商品とサービスポリシーを更新し、「来る10月から、米国と日本などで法規を順守する仮想通貨取引所の広告を許可する」と明らかにした。また「今回の新規ポリシーは、世界中の広告主に適用されるが、その広告は米国と日本で接続したサイトでのみ公開される」と伝えた。しかし、新規仮想通貨公開(ICO)などと関連した広告については引き続き禁止する予定。

グーグルは、今年6月から仮想通貨と関連する広告を‟一切禁止”とした。昨年末にビットコイン価格の急騰で、関連詐欺被害が懸念されたためだ。しかし約4ヶ月だけで広告禁止が一部解除となり、仮想通貨マーケットに肯定的な影響を与えるか注目を集めている。

一方、仮想通貨の広告禁止に踏み切ったフェイスブックは今年6月から、広告を承認する方針に転じた。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. ‐ビットコイン、1万6000ドル台まで下落‐大口投資家による大量売却の可能性も‐OKEx出金再開で…
  2. 価格上昇が続く仮想通貨ビットコイン(BTC)は現地時間24日、1万9000ドルを突破した。コインデ…
  3. 仮想通貨ビットコイン(BTC)が留まる事無く上昇を続けている。現地時間16日以降は1日に1000ド…
  4. 米モデルナの新型コロナワクチンが現地時間16日、ニューヨーク株式市場を再び史上最高値に引き上げた。…
  5. 韓国で13日より室内公共施設などでマスクを着用しなかった場合、10万ウォン(約9400円)の過料が…

おすすめ記事

  1. 済州経済通商振興院東京通商代表部(所長:崔 滄勳)は、11月16日から日本最大の韓流通りである東京…
  2. 韓国のモバイルラーニングシステム開発会社Newin Inc.が日本法人として「株式会社Newin J…
  3. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  4. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  5. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
ページ上部へ戻る
Translate »