原油増産見送りの理由、「供給過剰の懸念」

原油増産見送りの理由、「供給過剰の懸念」

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど主要非加盟産油国が原油増産の見送りを決定した理由は、2014年のような供給過剰の再発を懸念したからだと、ウォールストリート・ジャーナルが25日報じた。

先週末、アルジェリアで開かれたOPEC加盟国とロシアなどの比加盟国の共同閣僚監視委員会(JMMC)に先立ち、OPECの盟主であるサウジアラビアと世界最大の産油国の一つであるロシアは増産を強く示唆したが、委員会では「市場が必要とする場合に増産する」と見送りを決定した。

市場ではトランプ米大統領が増産することを強く圧迫しており、これに屈服したサウジアラビアが増産に導くことを期待したが、サウジアラビアは産油国を説得するのに失敗。その影響で国際原油価格は1バレル80ドルを突破し、4年ぶりの高値を記録中だ。

11月4日からイランに対する全面的な石油輸出禁止措置を発動する米国が増産を強く要求しているにもかかわらず、このような結論になった理由は、来年の石油需要に対するOPEC事務局の報告が決定的だった。

OPEC事務局は来年上半期に世界の石油需要が生産量を下回ると予想した。レポートによると、石油需要量は8月の原油生産量より一日60万バレルも少なくなるという。国際エネルギー機関(IEA)の見通しも供給過剰を予想し、「来年上半期の石油需要量は現在より一日10万バレル低くなる」と伝えた。

共同閣僚監視委員会の会議に参加した関係者によると、OPEC事務局はこのような数値をもとに、各国の代表者に「過度に早く増産に打って出ると、供給過剰が再発する可能性がある」と警告したという。

OPECは2014年、原油価格が100ドルを突破した時、サウジアラビアの主導で増産に乗り出し、原油価格の下落を誘導した。しかし、「原油価格の下限はない」という誤ったシグナルを市場に伝え、原油価格は35ドルまで暴落。世界の石油在庫量は史上最大の水準を記録した。

結局、OPECなどの主要産油国は2016年10月に原油の減産を決意した。OPECは「その後供給過剰が徐々に解消され、今年4月になってようやく、石油市場の需給がバランスを成した」と判断している。

ウォールストリート・ジャーナルは今回の増産見送りの理由について、「イラン経済制裁に伴う石油供給不足分を補うために増産に乗り出す場合、かろうじて落ち着きを取り戻した市場のバランスを再び崩すかもしれないという懸念からだ」と分析した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. 1回目のワクチン接種(5/9)では当日就寝後に注射を受けた部位付近に張りを感じ、以後2日間は腕を伸…
  2. 我が家は家族経営の薬局だ。業務の中心は処方箋調剤だが、一般薬などの販売もしている。コロナ禍において…
  3. 米国の製薬企業ファイザーが年末までに口から飲む錠剤形の新型コロナ治療薬を開発すると明かした。同社は…
  4. 年初から半導体不足への対応を強調してきた米国政府が今月、主な半導体及び自動車業界関係者を招請し、こ…
  5. ―先月、韓国最高裁「有罪」趣旨、控訴審破棄差し戻し―日常的な服装の撮影にも性暴力処罰法適用―同意得…
ページ上部へ戻る
Translate »