米、医療大麻の乱用防止に韓国ブロックチェーン技術活用

米、医療大麻の乱用防止に韓国ブロックチェーン技術活用

韓国の某ブロックチェーンスタートアップ(創業初期企業)が、医療大麻の先進国である米国に対し、誤用・乱用防止技術を提供することになった。誤用・乱用を防ぐため、病歴など購入者の生体情報をブロックチェーンに保存するという。

プリズム社は26日、「米国ネバダ州にある医療大麻生産会社リブラと、米国内の誤用・乱用を防ぐためのブロックチェーン技術の提供、そして韓国の医療大麻モデル事業への共同参加に向けた了解覚書(MOU)を締結した」と明らかにした。

プリズムは、ブロックチェーン基盤のヘルスケアプラットフォームだ。生体情報を人工知能(AI)で分析し、個々人に沿った健康ソリューションを提供する。今年初めには仮想通貨「PSM」を発行、世界3カ所の取引所で上場した。一方のリブラは大麻の栽培や生産、流通許可を保有する米国ネバダ州の企業。

プリズムが提供するブロックチェーンの技術とは、疾患情報を入力すれば、その症状に合った医療大麻の購入をサポートするというもの。これを通じて誤用・乱用を防止することができるというのがプリズム側の説明だ。

プリズムのキム・ソンジン代表は「リブラの工場を訪れてみたが、JANコードを1枚1枚記録しながら医療大麻の管理を行っていた。ここにブロックチェーン技術を適用させれば、もっと容易に管理できる」と話した。

米国では32の州政府が医療大麻を合法としている。しかし、一部個人が大量購入後に横流しをしたり、未成年者による誤用・乱用が問題となっている。

リブラの最高経営責任者(CEO)ハンドリック・スティーブン氏は「プリズムの技術を適用させれば、不法流通および誤用・乱用問題をより簡便に解決できると期待している」と語った。

翻訳者:M.I

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国の女子大生らが最高80万円で自身の卵子を売っていることが明らかになった。中国のニュースサイトTh…
  2. 韓国統一省は22日、北朝鮮が同日午前に南北共同連絡事務所の韓国側に「北側の連絡事務所は上部の指示に基…
  3. 根本匠厚生労働相は22日、金浦(キンポ)空港で暴行事件を起こした同省の幹部に対し「事実関係をしっかり…
  4. ホテル新羅の社長でサンスン家の長女である李富真(イ・ブジン)氏の"プロポフォール投与疑惑"を捜査して…
  5. 米国のドナルド・トランプ大統領と日本の安倍晋三首相が4月から6月まで、毎月となる3ヶ月連続で面会し、…

おすすめ記事

  1. 2019-3-21

    Galaxy S10の仮想通貨ウォレットが注目されている理由

    ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  2. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  3. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  4. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  5. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…

アーカイブ

ページ上部へ戻る