米、医療大麻の乱用防止に韓国ブロックチェーン技術活用

米、医療大麻の乱用防止に韓国ブロックチェーン技術活用

韓国の某ブロックチェーンスタートアップ(創業初期企業)が、医療大麻の先進国である米国に対し、誤用・乱用防止技術を提供することになった。誤用・乱用を防ぐため、病歴など購入者の生体情報をブロックチェーンに保存するという。

プリズム社は26日、「米国ネバダ州にある医療大麻生産会社リブラと、米国内の誤用・乱用を防ぐためのブロックチェーン技術の提供、そして韓国の医療大麻モデル事業への共同参加に向けた了解覚書(MOU)を締結した」と明らかにした。

プリズムは、ブロックチェーン基盤のヘルスケアプラットフォームだ。生体情報を人工知能(AI)で分析し、個々人に沿った健康ソリューションを提供する。今年初めには仮想通貨「PSM」を発行、世界3カ所の取引所で上場した。一方のリブラは大麻の栽培や生産、流通許可を保有する米国ネバダ州の企業。

プリズムが提供するブロックチェーンの技術とは、疾患情報を入力すれば、その症状に合った医療大麻の購入をサポートするというもの。これを通じて誤用・乱用を防止することができるというのがプリズム側の説明だ。

プリズムのキム・ソンジン代表は「リブラの工場を訪れてみたが、JANコードを1枚1枚記録しながら医療大麻の管理を行っていた。ここにブロックチェーン技術を適用させれば、もっと容易に管理できる」と話した。

米国では32の州政府が医療大麻を合法としている。しかし、一部個人が大量購入後に横流しをしたり、未成年者による誤用・乱用が問題となっている。

リブラの最高経営責任者(CEO)ハンドリック・スティーブン氏は「プリズムの技術を適用させれば、不法流通および誤用・乱用問題をより簡便に解決できると期待している」と語った。

翻訳者:M.I

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »