電気自動車を借りると仮想通貨がリワードに…英レンタカー大手が発表

電気自動車を借りると仮想通貨がリワードに…英レンタカー大手が発表

ブロックチェーン基盤の英エネルギープラットフォーム企業「Energi Mine(エナジーマイン)」は27日、同国の電気自動車レンタル企業「3F EV」とパートナーシップを締結したと発表した。エナジーマインは、「今後利用者が電気自動車を借りれば、これに対する報酬(リワード)として仮想通貨『エナジー・トークン』を提供する」と伝えた。

3F EVは、米電気自動車大手テスラの車種だけを取り扱う英国のレンタル企業。一方、エナジーマインは、利用者が電気を節約するなど、二酸化炭素排出量を削減する行動をすると報酬として仮想通貨を提供する事業を進めている。

今回のパートナーシップで、消費者だけでなく、3F EVの従業員もエネルギー消費を減らした行動をすると、エナジー・トークンが報酬としてもらえる。エナジー・トークンは、エナジーマインのリワードプラットフォームを介して電気料金を支払うことが出来る。現金にも交換可能。

エナジーマインのオマル・ラヒム最高経営責任者(CEO)は、「二酸化炭素排出量を減らそうと努力するエナジーマインの目標と同じ目標を持つ3F EVとのパートナーシップを通じて、より多くのシナジーを創出することができると期待している」と語った。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)が急増している中、米疾病対策センター(CDC)が韓国への…
  2. 新型コロナウイルスの感染拡大により中国国内にある工場の正常稼働が遅れ、経営への影響が憂慮される。新型…
  3. 韓国外交部の康京和長官がドイツで開かれるミュンヘン安全保障会議(MSC)に参席し、現地時間15日午前…
  4. 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者と死者の数が減少した。しかし…
  5. 韓国外交省が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の効力終了について「いつでも可能だ」とし、日本…

おすすめ記事

  1. 世界的に7万人に近い感染拡大を招いた新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の震源地について、当初知ら…
  2. 中国から来る宅配便は果たして新型コロナウイルスに安全だろうか。…
  3. Googleの親会社であるアルファベットの時価総額が16日(現地時間)、1兆ドル(約110兆円)を突…
  4. 「火の手から逃れたカンガルーの避難場所となっていたゴルフ場が"死の大地(キリング・フィールド)"にな…
  5. 昨年、韓国と隣国との国際関係は例年以上に多事多難だった。昨年7月の日本の輸出管理厳格化により韓国国内…
ページ上部へ戻る
Translate »