原油高で一番打撃を受ける国は?

原油高で一番打撃を受ける国は?

国際原油価格が年内に100ドルまで上昇する可能性が提起されている中、原油高による被害がアジアの新興国に集中されると予想されている。ウォール・ストリート・ジャーナルは27日、アジア諸国の中で経常収支が良好なフィリピンと中国も原油高を警戒していると報じた。

フィリピンの7月国内総生産(GDP)比率の経常収支赤字規模は0.6%で、それぞれ1.9%と2.3%を記録したインドとインドネシアより低い。しかしフィリピンの8月の物価上昇率は過去10年間で最も高い6.4%を記録し、景気過熱が鮮明となっている。さらに原油価格の上昇も経済の負担になっている。高い水準を見せるインフレ率に原油高の負担が加わって経済成長率が下落すると、自国通貨ペソの価値が打撃を受けると予想されている。

中国も米国との貿易摩擦などにより、物価が急速に上昇している。最近は輸入量が増え、経常収支の黒字規模は3年前の700億ドルから58億ドル(今年2四半期)に減った。米国の追加関税と原油高まで重なったため、黒字幅はさらに減少するとみられる。専門家らはこういう経済環境から「人民元安は避けられない」と分析している。人民元安は新興国の輸出競争力の低下につながる。

ウォール・ストリート・ジャーナルは「中国経済の成長鈍化に耐えてきたアジア諸国が、原油高と人民元安、米国の金利引き上げといった悪材料に直面している」と報じた。

■原油100ドル時代の再来
ロンドン市場で北海ブレント原油先物が今週24日、1バレル80ドルを突破した。80ドル台を超えたのは2015年以来初となる。11月からは米国のイラン制裁が再開され、原油供給量が急減すると予想される。一部の専門家は年内に1バレル100ドルの可能性を提起している。

イランは昨年夏の時点から世界の一日石油消費量の3%にあたる270万バレルを毎日輸出してきた。対イラン制裁が本格的に発動されれば、供給量は一日約50~200万バレル減少するとみられる。

ブレント原油は27日、前日より0.65%上昇した81.87ドル台で取引されている。ニューヨーク市場のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物も小幅上昇し、72.32ドルを記録した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 新型コロナウイリスの世界的大流行(ファンデミク)が5ヶ月以上続いているなか、全世界の感染者数が600…
  2. 民間宇宙旅行時代の幕が上がった。米国の宇宙企業スペースXが現地時間5月30日に初の有人宇宙船発射に成…
  3. 米国電気自動車メーカー「テスラ」の最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が800億円を超える成果…
  4. 中国が香港の国家保安法を制定し、米国がこれに対する制裁の動きを見せている事で、世界経済にも「危険信号…
  5. 韓国政府が再び防疫措置を強化することを発表した。新型コロナウイリスの感染拡大をいち早く封じ防疫の手本…

おすすめ記事

  1. 令和2年5月27日時点で日本政府と自治体が実施している支援金・給付金制度をまとめました。実施予定の…
  2. 韓国で新型コロナウイルス感染拡大防止のための自宅隔離命令に従わなかった日本人男性が拘束された。外国人…
  3. 韓国でデジタル性犯罪処罰を強化する関連法改正案が19日から施行された。今後、違法なアダルト動画を単純…
  4. 今月、米国の野球ファンの間でのホットイシューは、夜中に中継される韓国プロ野球KBOリーグだった。米国…
  5. 韓国の産業通商資源部は12日、日本の対韓国輸出規制強化措置について「我々は日本が提起した事由を全て解…
ページ上部へ戻る
Translate »