ミス・ウクライナの結婚歴隠し…タイトル剥奪に批判の声

ミス・ウクライナの結婚歴隠し…タイトル剥奪に批判の声

ミス・ウクライナを巡る騒動がフェミニズム運動に発展しており、世間の関心を集めている。大会優勝者の‟嘘の履歴”が問題の発端となったが、‟女性差別”を主張する声が高まり、議論になっている。

米ニューヨーク・ポストなど海外メディアによると、2018年ミス・ウクライナ大会で1位に選ばれたベロニカ・デドゥセンコ氏(23)の優勝タイトルが最近取り消された。主催側は「結婚と出産を隠した」と理由を説明している。

大会主催側によると、デドゥセンコ氏は大会の申込書に婚姻歴や出産について記載しなかった。しかしその後、離婚した経歴と4歳の息子がいることが発覚。主催側は優勝タイトルの取り消しと新ミス・ウクライナの選出を発表した。

主催側は声明で、「未婚であることと、子供がいないことが大会の規定だ」と説明した。同規定はミス・ワールド大会にも適用されている。

しかし、インターネット上ではこのような決定が果たして妥当なことなのかについて議論が分かれている。「規定は守らなければならない」とし規定を破ったデドゥセンコ氏に問題があるとの指摘がある一方、「今は規定を変えるべき時期」など女性の結婚などか問題されること自体を疑問視する視線もあった。

デドゥセンコ氏は嘘の記載を認めつつも、SNSを通じて「女性差別」を主張。同氏を応援する声がネット上で殺到している。しかし、ミス・ウクライナ大会主催側は30日に新たな優勝者を発表することを決定した。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. アンニョンハセヨ。 去年から自粛生活が続くなかで家にいる間に韓国ドラマに、はまった方が多いそうです…
  2. −「アップルと自動運転車の開発協議を進めていない」−現代自動車・KIA・現代モービス、公式に発表−…
  3. 軍部に監禁されたアウンサンスーチー国家顧問 今月1日、クーデターでミャンマー政府を掌握した軍部指導…
  4. - inno.N胃食道逆流疾患新薬ケイキャップ錠、中国許可審査着手- 2015年に中国ロシン(Lu…
  5. イメージはゲームストップの公式Twitterより。 米株式市場で最近、機関投資家らに対抗してゲーム…

おすすめ記事

  1. 趙善玉料理研究院の韓国語料理教室案内 最近、本当に韓国のテレビで料理番組やタレントさん達がいろいろ…
  2. 養子となって僅か10ヶ月、養父母による虐待で死亡したジョンインちゃん(養子縁組後の名前:アン・ユル…
  3. 韓国で初めて猫の新型コロナウイルス感染事例が発生した。写真は本社DB −「人への感染事例は無い」 …
  4. ニューヨーク・タイムズに掲載されたキムチの広告。写真は徐敬德教授が提供。 韓国誠信女子大の徐敬德教…
  5. −年末年始を前に特段の対策が必要−ソウル市、5人以上の集合禁止方針決まる 新型コロナウイルス…
ページ上部へ戻る
Translate »