ミス・ウクライナの結婚歴隠し…タイトル剥奪に批判の声

2018年ミス・ウクライナ大会で1位に選ばれたベロニカ・デドゥセンコ氏/本人のインスタグラムより

ミス・ウクライナの結婚歴隠し…タイトル剥奪に批判の声

ミス・ウクライナを巡る騒動がフェミニズム運動に発展しており、世間の関心を集めている。大会優勝者の‟嘘の履歴”が問題の発端となったが、‟女性差別”を主張する声が高まり、議論になっている。

米ニューヨーク・ポストなど海外メディアによると、2018年ミス・ウクライナ大会で1位に選ばれたベロニカ・デドゥセンコ氏(23)の優勝タイトルが最近取り消された。主催側は「結婚と出産を隠した」と理由を説明している。

大会主催側によると、デドゥセンコ氏は大会の申込書に婚姻歴や出産について記載しなかった。しかしその後、離婚した経歴と4歳の息子がいることが発覚。主催側は優勝タイトルの取り消しと新ミス・ウクライナの選出を発表した。

主催側は声明で、「未婚であることと、子供がいないことが大会の規定だ」と説明した。同規定はミス・ワールド大会にも適用されている。

しかし、インターネット上ではこのような決定が果たして妥当なことなのかについて議論が分かれている。「規定は守らなければならない」とし規定を破ったデドゥセンコ氏に問題があるとの指摘がある一方、「今は規定を変えるべき時期」など女性の結婚などか問題されること自体を疑問視する視線もあった。

デドゥセンコ氏は嘘の記載を認めつつも、SNSを通じて「女性差別」を主張。同氏を応援する声がネット上で殺到している。しかし、ミス・ウクライナ大会主催側は30日に新たな優勝者を発表することを決定した。

翻訳:尹怡景
info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 期待されたG20サミット期間中の日韓首脳会談開催が実務段階で不発に終わったことが分かった。…
  2. 米国がイランと軍事的衝突などの物理的な対立ではなく、表に現れない、いわゆる「見えない戦争」を繰り広げ…
  3. 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  4. 29日に訪韓するトランプ米大統領が同期間中に北朝鮮の金正恩国務委員長と会談する可能性が浮上しているな…
  5. ビットコインの価格が1万ドルを再突破したことで、仮想通貨市場に楽観論が急速に広がっている。…

おすすめ記事

  1. 2019-6-25

    韓国外相「日本が報復措置をとると、韓国も黙ってはいられない」

    韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は25日、国会で開かれた外交統一委員会に出席し、徴用工判決問題と…
  2. 2019-6-21

    トランプ氏がイラン攻撃を承認?…米メディア「意見の分かれで命令撤回」

    トランプ米大統領が20日(現地時間)、イラン攻撃を指示したが、突然命令を撤回したことが分かった。米メ…
  3. 2019-6-19

    韓国外交部、「日韓企業からの拠出金で徴用工に被害補償」

    韓国外交部は19日、徴用工判決問題と関連し、日本と韓国の企業が参加する基金を造成し、徴用工の被害に補…
  4. 2019-6-15

    [ワールドレポート] メイ首相の涙とイギリスの先行き

    イギリスのテリーザ・メイ首相が今月7日、首相と与党党首から辞任した。2016年6月、国民投票でブレグ…
  5. 2019-6-13

    香港が米中摩擦の新たな火種になるか?

    香港が「犯罪人引き渡し法案」問題で大きく揺れ動いている。法案に反対する香港市民らが大規模デモを行い中…

アーカイブ

ページ上部へ戻る