ビッソム、新たな仮想通貨取引所を今月披露… 脱中央化でセキュリティ強化

ビッソム、新たな仮想通貨取引所を今月披露… 脱中央化でセキュリティ強化

韓国の仮想通貨取引所「ビッソム(bithumb)」が新たな仮想通貨取引所を今月中にオープンする。新仮想通貨取引所は既存の取引所のように取引を仲介する方式ではなく、個人と個人が直接仮想通貨を交換する、いわゆる「脱中央化取引所」だ。

ビッソムは1日、海外子会社を通じて新しい取引所「ビッソム・デックス(bithumb DEX)」を今月中に披露する予定だと明らかにした。ビッソムの説明によると、既に脱中央化取引所を運営している海外のブロックチェーン企業「ワンルート」と協力し、新しい取引所をオープンする計画。

脱中央化方式で開発中のビッソム・デックスは、ビッソムで仮想通貨を保管しないのが特徴。個人と個人がそれぞれの電子財布を通してコインを交換する。専門家らは「取引の速度は多少遅いかもしれないが、セキュリティの面では非常に優れている」と評価する。

システムが一元化された取引所は、顧客の仮想通貨を運営社が直接保管する。そのため、ハッキングによる攻撃で、仮想通貨が流出されるケースが絶えないのが現実。ビッソムもハッキングによる被害で大きな打撃を受けた経験があり、セキュリティ強化を優先する取引所の運営に意欲を見せてきた。

脱中央化取引所は海外でも注目されている。主要取引所であるバイナンス(BINANCE)なども脱中央化取引所の運営計画を発表している。韓国のアップビット(UPbit)は脱中央化取引所「オールビット(Allbit)」に投資している。

業界関係者は「ビッソムは取引量の規模だけを見ると、世界トップクラス取引所の一つだが、利用者のほとんどが韓国人」とし「世界市場で注目されている脱中央化取引所の運営を通じて、世界の有力取引所と競争するという戦略だ」と分析した。

info@fnnews.jp

Copyright © The financial news japan. All rights reserved.
ファイナンシャルニュースジャパン

関連記事

ピックアップ記事

  1. 米韓合同軍事演習が20日に終了する予定で、米朝実務交渉再開への期待感も高まっている。…
  2. 韓国上場企業の純利益が大幅に減少したことがわかった。しかし、サムスン電子やSKハイニックスを除けば、…
  3. 香港の「逃亡犯条例」に反対するデモ隊が18日、大規模集会を開き香港政府に対して強く抗議する中、中国人…
  4. 昨年6月に第2次世界大戦以降初めて、西ヨーロッパ最初の大衆迎合主義(ポピュリズム) 政府がイタリアに…
  5. ビットコインの創設者として知られている「サトシ・ナカモト」を名乗る人物がまたも登場した。その人物は日…

おすすめ記事

  1. 韓国国民の4人に3人は、日本が経済報復措置を撤回しない限り日本製品の不買運動は続くと予想した。…
  2. 日本製品の不買運動の影響でユニクロなど日本ブランドの韓国モバイルアプリケーション(アプリ)の利用率が…
  3. 日本が福島第一原発に保管されている高濃度の放射能汚染水100万トン以上を太平洋に放流する計画だとする…
  4. 7月に韓国国内で販売された日本車の規模が1年前に比べて17.2%も減少したことが分かった。日本政府の…
  5. まるでドラマの様だった6.30米韓朝首脳の板門店会合から1ヶ月が過ぎた。板門店会合をドラマと表現した…
ページ上部へ戻る