韓国外国為替市場もパニック…ウォン安局面に

韓国外国為替市場もパニック…ウォン安局面に

米株価の急落と新興国の金融不安、米中貿易戦争、米連邦準備理事会(FRB)の利上げなどが複合的に作用し、韓国外国為替市場に恐怖心理が広がっている。安全資産に資金が流れウォン安ドル高が鮮明になっている。

11日、ソウル外国為替市場でウォン・ドル相場は前日比10.4ウォン値下がりし、1144.4ウォンで取引を終えた。終値基準で1140ウォンを超えたのは、昨年9月29日以来初めてだ。

急激なウォン安の原因は暴落した米株式市場の影響だ。前日のニューヨーク株式市場では米国債金利の上昇と技術株への不安懸念が重なり、ダウ平均株価(-3.15%)、S&P500指数(-3.29%)、ナスダック指数(-4.08%)など主要指数が一斉に急落した。
NH先物のキム・ヒョンジン研究員は「世界証券市場の急落などのリスクを避けるため、為替相場がウォン売りに出た」と説明した。

リスク回避を反映したドル高傾向はしばらく続く可能性が大きい。新興国の危機的状況と米中貿易紛争が現実化した場合、金融市場に恐怖心理が広がり、安全資産であるドルを買う要因として働くと予想される。また、FRBの利上げ動きもドリ高を支持する要因となっている。
興国証券のパク・ソンウ研究員は「短期的に1ドル=1150ウォンまで進められる可能性がある」と語った。

また中国が為替操作国に認定された場合は為替の変動性がさらに大きくなるという分析も出ている。米財務省が来週発表する報告書で、中国が貿易目的で人民元の為替レートを操作したという結論を下す場合、中国は為替操作国に認定される可能性がある。

中国が為替操作国に認定された場合にはウォン安ドル高がさらに進む可能性が高く、関心が集まっている。パク研究員は「現時点では、中国が為替操作国に認定される可能性は高くない」としながらも「認定された場合は、人民元とウォンの価値は上昇すると考えられるが、経済に与える悪影響も考慮すると、通貨価値を弱める要因にもなる」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「日本の軍備増強は侵略が目的」=北朝鮮メディア 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は20日、日…
  2. ジャーナリストのジャマル・カショギ氏/写真は Jamal Khashoggiサイトより サウジ…
  3. 記者行方不明事件でトルコとイランが笑う...そのわけは? トルコで発生したジャーナリストの行方…
  4. OPEC、原油価格見通しを"下落"に 石油輸出国機構(OPEC)は、一時期1バレル=100ドル…
  5. 天才ハッカーとして知られるジョージ・ホッツ氏/WIKIMEDIA COMMONS(ジョージ・ホッツ)…

おすすめ記事

  1. 2018-10-19

    ローマ法王が電撃訪朝受託…朝鮮半島平和プロセス新局面に

    フランシスコ法王は、この「秘密の間」で文大統領に向けて訪朝の意思を電撃表明した。/韓国大統領府より …
  2. 2018-10-18

    エンパイアステートビルが500万円で売れた?仮想空間の不動産売買に関心集中…大阪城も物件に登場

    エンパイアステートビルが500万円で売れた?仮想空間の不動産売買に関心集中...大阪城も物件に登場 …
  3. 2018-10-17

    ブロックチェーン基盤「モバイル身分証」が来年登場

    ブロックチェーン基盤「モバイル身分証」が来年登場 「来年の第1四半期に発売を目標に、ブロックチェー…
  4. 2018-10-12

    [米国発アジア市場ショック] 韓国KOSPI指数の下値予測は無意味…年内反騰は米国金利次第

    [米国発アジア市場ショック] 韓国KOSPI指数の下値予測は無意味…年内反騰は米国金利次第 ‐…
  5. 2018-10-11

    金利パニックに米株暴落…高まる不安心理

    金利パニックに米株暴落…高まる不安心理 米国株式市場が10日、大型ハイテク銘柄を中心に大幅下落した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る