米株式市場、反発にも投資家の不安続く

米株式市場、反発にも投資家の不安続く

米国株式市場は先週の12日、直前2日間の急落から脱し反発に成功した。しかし、金利引き上げ、ハイテク株の高い価格、貿易戦争の潜在的な影響などへの懸念で投資家の不安は続いている模様だ。

今後の株式市場の動きに対して意見が分かれる中、アナリストらは3四半期の企業実績発表とともに、今週公開される連邦準備制度理事会(FRB)の9月の政策会合議事録などの米主要経済データが短期的に株式市場を動かすと予想している。

ニューヨーク証券取引所のダウ平均株価は12日、287.16ポイント(1.15%)上昇して取引を終えた。しかし、週間基準では、ダウ平均株価が4.19%下落。特に株式投資家の不安心理を反映する「Cboe変動性指数」は、約44%も上昇し、投資家の不安心理は続いていることがわかる。

米株式市場が急落から反発に転じたが、ほとんどのアナリストや投資家は依然として慎重な立場だ。保険・金融会社USAAのグローバル資産運用責任者、ワシープ・ラティフ氏は「森から抜け出したのかどうかを言うことはまだ早い」とし「ひとまず待ちながら、今後数日間、市場がどのように反発するかを見守らなければならない」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 歌手チョン・ジュニョンが逮捕された。韓国裁判所は21日、わいせつ動画の撮影および流布の疑いで立件され…
  2. 仮想通貨市場内でのビットコインの市場支配力が徐々に力を失っているとビットコイニストが21日(現地時間…
  3. 麻生太郎副総理兼財務相が参議院の財政•金融委員会会議で、日本政府の仮想通貨政策の方針について明らかに…
  4. ブロックチェーン・仮想通貨業界でいま注目を浴びているのが、サムスン電子の最新スマートフォンGalax…
  5. 韓国の昨年の婚姻率が過去最低水準に落ちた。結婚する平均年齢も上昇し歴代最高水準を記録した。…

おすすめ記事

  1. 2019-3-20

    「安保より実利」 米同盟国の背信…反中国連合に亀裂

    米国を中心とした反中国連合戦線に亀裂が生じ始めている。米国の同盟国を中心にした「反ファーウェイ戦線」…
  2. 2019-3-19

    韓食の決め手は塩

    塩をひとつまみ入れることで隠れていたうま味や甘味、辛み、などがすべて出てくるのです。キムチ作りにも白…
  3. 2019-3-18

    ピザ2枚から始まった仮想通貨決済…月々の家賃支払いまで可能に

    ブロックチェーン・仮想通貨業界で2010年5月22日は「ビットコインピザの日」と呼ばれている。米フロ…
  4. 2019-3-15

    スンリとチョン・ジュニョン、夜通しの取り調べ後帰宅…スンリは「入隊延期」

    性接待疑惑が取り沙汰されているBIGBANGのメンバー、スンリ(本名イ・スンヒョン、29才)と、性関…
  5. 2019-3-12

    投資の鬼才ジム・ロジャーズ「北朝鮮では全ての事が収益モデル」

    世界的な投資家であり、ロジャーズ・ホールディングス会長のジム・ロジャーズ氏は、「米国企業では、カーラ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る