米株式市場、反発にも投資家の不安続く

米株式市場、反発にも投資家の不安続く

米国株式市場は先週の12日、直前2日間の急落から脱し反発に成功した。しかし、金利引き上げ、ハイテク株の高い価格、貿易戦争の潜在的な影響などへの懸念で投資家の不安は続いている模様だ。

今後の株式市場の動きに対して意見が分かれる中、アナリストらは3四半期の企業実績発表とともに、今週公開される連邦準備制度理事会(FRB)の9月の政策会合議事録などの米主要経済データが短期的に株式市場を動かすと予想している。

ニューヨーク証券取引所のダウ平均株価は12日、287.16ポイント(1.15%)上昇して取引を終えた。しかし、週間基準では、ダウ平均株価が4.19%下落。特に株式投資家の不安心理を反映する「Cboe変動性指数」は、約44%も上昇し、投資家の不安心理は続いていることがわかる。

米株式市場が急落から反発に転じたが、ほとんどのアナリストや投資家は依然として慎重な立場だ。保険・金融会社USAAのグローバル資産運用責任者、ワシープ・ラティフ氏は「森から抜け出したのかどうかを言うことはまだ早い」とし「ひとまず待ちながら、今後数日間、市場がどのように反発するかを見守らなければならない」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 康長官は今回のダボス会議出席をきっかけに河野太郎外相と会う予定。韓国メディアは「最近、日韓関係が最悪…
  2. 韓国国防部は21日、日本政府がレーダー照射問題で海上自衛隊の哨戒機が記録した当時の警告音を公開する方…
  3. 2回目の米朝首脳会談の開催地として、ベトナムのハノイとダナンが有力視されている。ベトナムは米朝両者と…
  4. 中国の経済成長率が1990年以来最も低い水準に落ちた。中国国家統計局は21日、昨年のGDP(国内総生…
  5. イーサリアムの主要開発者らは、セキュリティの脆弱性で中断した次期ハードフォーク「コンスタンティノープ…

おすすめ記事

  1. 2019-1-21

    米朝首脳会談、開催場所はハノイかダナンか…米朝両者に近しいベトナムが有力

    2回目の米朝首脳会談の開催地として、ベトナムのハノイとダナンが有力視されている。ベトナムは米朝両者と…
  2. 2019-1-16

    PM2.5が変えた韓国社会…野外での活動が減少

    PM2.5が一年中韓国の空気を支配している。市民らは今月13日から15日まで3日連続で最悪の大気汚染…
  3. 2019-1-8

    韓国、結婚離れ加速…未婚率で日本を上回る

    韓国、結婚離れ加速…未婚率で日本を上回る 韓国の未婚率が急速に増加していることが分かった。ま…
  4. 2019-1-7

    CESの5大トピックに「ブロックチェーン」初選定

    CESの5大トピックに「ブロックチェーン」初選定 ‐5G、IoT、ヘルスケア、自動車と共にC…
  5. 2018-12-30

    韓国人が日本で犯した犯罪は韓国の法律に基づき処罰することは可能か?

    [JL法律事務所代表 朴性文の法律相談] 韓国人が日本で犯した犯罪は韓国の法律に基づ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る