米株式市場、反発にも投資家の不安続く

米株式市場、反発にも投資家の不安続く

米国株式市場は先週の12日、直前2日間の急落から脱し反発に成功した。しかし、金利引き上げ、ハイテク株の高い価格、貿易戦争の潜在的な影響などへの懸念で投資家の不安は続いている模様だ。

今後の株式市場の動きに対して意見が分かれる中、アナリストらは3四半期の企業実績発表とともに、今週公開される連邦準備制度理事会(FRB)の9月の政策会合議事録などの米主要経済データが短期的に株式市場を動かすと予想している。

ニューヨーク証券取引所のダウ平均株価は12日、287.16ポイント(1.15%)上昇して取引を終えた。しかし、週間基準では、ダウ平均株価が4.19%下落。特に株式投資家の不安心理を反映する「Cboe変動性指数」は、約44%も上昇し、投資家の不安心理は続いていることがわかる。

米株式市場が急落から反発に転じたが、ほとんどのアナリストや投資家は依然として慎重な立場だ。保険・金融会社USAAのグローバル資産運用責任者、ワシープ・ラティフ氏は「森から抜け出したのかどうかを言うことはまだ早い」とし「ひとまず待ちながら、今後数日間、市場がどのように反発するかを見守らなければならない」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 中国経済が新型コロナショックを乗り越えV字回復へ向かっている。不振を抜け出せなかった消費が元に戻り…
  2. 韓国行政安全部は16日、OECD(経済協力開発機構)が初めて実施した「デジタル政府評価」で韓国政府が…
  3. 米中摩擦の間で、BTSが予想外の災難に見舞われた。 中国のネットユーザーらは「BTSが好きなら売国…
  4. 米テスラのイーロン·マスク最高経営者(CEO)が、今年創立以来初めて、年間50万台を超える自動車を…
  5. 米国ホワイトハウスでの新型コロナウイルス感染拡大が止まらない。日々新たな感染者が発生し、現在までホ…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »