米株式市場、反発にも投資家の不安続く

米株式市場、反発にも投資家の不安続く

米国株式市場は先週の12日、直前2日間の急落から脱し反発に成功した。しかし、金利引き上げ、ハイテク株の高い価格、貿易戦争の潜在的な影響などへの懸念で投資家の不安は続いている模様だ。

今後の株式市場の動きに対して意見が分かれる中、アナリストらは3四半期の企業実績発表とともに、今週公開される連邦準備制度理事会(FRB)の9月の政策会合議事録などの米主要経済データが短期的に株式市場を動かすと予想している。

ニューヨーク証券取引所のダウ平均株価は12日、287.16ポイント(1.15%)上昇して取引を終えた。しかし、週間基準では、ダウ平均株価が4.19%下落。特に株式投資家の不安心理を反映する「Cboe変動性指数」は、約44%も上昇し、投資家の不安心理は続いていることがわかる。

米株式市場が急落から反発に転じたが、ほとんどのアナリストや投資家は依然として慎重な立場だ。保険・金融会社USAAのグローバル資産運用責任者、ワシープ・ラティフ氏は「森から抜け出したのかどうかを言うことはまだ早い」とし「ひとまず待ちながら、今後数日間、市場がどのように反発するかを見守らなければならない」と述べた。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ライバル企業の金融業への進出を見守っていたグーグルが銀行と手を組み、来年から銀行口座サービスを開始す…
  2. 韓国ゲーム物管理委員会のイ・ジェホン委員長がブロックチェーンゲームと関連して「歓迎する」との立場を明…
  3. 韓国NAVERの日本子会社「LINE」と日本のソフトバンク子会社の検索ポータル「ヤフー」が経営統合に…
  4. 北朝鮮が国を挙げて観光産業育成に乗り出したなか、観光大国であるキューバ共和国がロールモデルになるかも…
  5. 米ウォルト・ディズニー社が野心的にリリースした動画ストリーミングサービス「ディズニー・プラス」がサ…

おすすめ記事

  1. 韓国の海外旅行ガイドアプリ「トリプル」が今年12月第3週から来年年初までの約3週間登録された旅行日程…
  2. 沖縄にある首里城の火災は韓国人が放火したのではないかというデマが広がっている。…
  3. 北朝鮮は25日、金剛山観光地区から韓国側の施設を撤去する計画の議論を求める通知文書を発送した。…
  4. 中国の経済成長率が史上最低水準に低下した。中国の景気減速速度が速くなり、今年の経済成長率が6%前半で…
  5. 今年6月に沖縄県那覇市で中国人観光客をAEDで助けた蔚山(ウルサン)消防本部職員に那覇市消防局長から…
ページ上部へ戻る