マクロン氏、韓国の要請を拒否… 対北朝鮮制裁の維持を強調

フランスのマクロン大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日、パリで会談した。/韓国大統領府より

マクロン氏、韓国の要請を拒否… 対北朝鮮制裁の維持を強調

フランスのマクロン大統領は15日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談で、文大統領の「対北朝鮮制裁緩和」要求について事実上拒否の意思を示した。

マクロン氏は、国連安保理の常任理事国のフランスに協力を促した文氏の要請に、北朝鮮の非核化が「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」に到達しなければならないという点を強調し、原則論的に回答した。

フランスは国連安保理の常任理事国であると同時に核拡散防止条約(NPT)で公認された核保有国。NPTから脱退して核査察を受けていない北朝鮮に対し、より厳格な基準を適応すべきだという立場だ。

実際にフランスはこれまで北朝鮮の非核化措置と関連し、頑固な態度を見せてきた。フランスの外相は今年7月、日本の河野太郎外相との会談後、「北朝鮮が核兵器などすべての大量破壊兵器などを放棄してCVIDを達成するまで、国連安保理の対北朝鮮制裁は維持しなければならない」と語った。

それにもかかわらず文氏がマクロン氏に直接要求した理由は、今後国際社会を説得するための足場作りにしたいという狙いがあった。淑明女子大のホン・ギュドク政治外交学科教授は、「具体的な結果につながらなかったが、韓国が望むことを国際社会に確認させる意味があった」とし「フランスの大統領と会談し公の場でこのような話をしたこと自体だけで、国際社会と特に米国に韓国の意志を十分に伝達した」と説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 韓国政府が今年6月まで仮想通貨取引を集中的に取り締まる。韓国金融委員会は仮想通貨の出金モニタリング…
  2. 写真は総理官邸ホームページから 米国のジョー・バイデン大統領は今月16日に米国で開かれる、日本の菅…
  3. 主要産油国が新型コロナウイルス感染症の世界的な流行解消と大々的な景気反騰に備え、今後3ヶ月の間に原…
  4. ―韓国疾病庁、予定より3ヶ月前倒しで実用化―丁世均首相「海外でも使える様に推進」 韓国版のブロック…
  5. 「美容大国」である韓国独自の特殊化粧品技術とビューティー商品を日本に紹介している株式会社TEISH…

おすすめ記事

  1. ハロウィンの梨泰院圧死事故では、緊急災害メッセージの発信が遅かったとの批判も見られる中、韓国政府も緊…
  2. 日本地域で韓国語能力試験(TOPIK)の実施や運営などを担当している韓国教育財団は14日、公式SNS…
  3. 駐大阪大韓民国総領事館、東西大学日本研究センター、世宗研究所日本研究センターが共催する韓日関係フォー…
  4. 東海大学の教育開発研究センター(担当教授 林大仁)は28日、「韓国語学習研究プロジェクト」を11月…
  5. 今年2月のウクライナ侵攻以降、侵攻を「特別軍事作戦」と呼んでいたロシアのウラジーミル・プーチン大統領…
ページ上部へ戻る
Translate »