マクロン氏、韓国の要請を拒否… 対北朝鮮制裁の維持を強調

フランスのマクロン大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日、パリで会談した。/韓国大統領府より

マクロン氏、韓国の要請を拒否… 対北朝鮮制裁の維持を強調

フランスのマクロン大統領は15日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談で、文大統領の「対北朝鮮制裁緩和」要求について事実上拒否の意思を示した。

マクロン氏は、国連安保理の常任理事国のフランスに協力を促した文氏の要請に、北朝鮮の非核化が「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」に到達しなければならないという点を強調し、原則論的に回答した。

フランスは国連安保理の常任理事国であると同時に核拡散防止条約(NPT)で公認された核保有国。NPTから脱退して核査察を受けていない北朝鮮に対し、より厳格な基準を適応すべきだという立場だ。

実際にフランスはこれまで北朝鮮の非核化措置と関連し、頑固な態度を見せてきた。フランスの外相は今年7月、日本の河野太郎外相との会談後、「北朝鮮が核兵器などすべての大量破壊兵器などを放棄してCVIDを達成するまで、国連安保理の対北朝鮮制裁は維持しなければならない」と語った。

それにもかかわらず文氏がマクロン氏に直接要求した理由は、今後国際社会を説得するための足場作りにしたいという狙いがあった。淑明女子大のホン・ギュドク政治外交学科教授は、「具体的な結果につながらなかったが、韓国が望むことを国際社会に確認させる意味があった」とし「フランスの大統領と会談し公の場でこのような話をしたこと自体だけで、国際社会と特に米国に韓国の意志を十分に伝達した」と説明した。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 11月11日午前、ソウルにある汝矣島漢江公園のムルビッステージで「都市、空を開く」との副題で開かれ…
  2. ‐2018年1月以来の1万5000ドル超え‐コロナ禍に米大統領選の不確実性加わり‐大統領選不服によ…
  3. 写真はトランプ氏のツイッタ 大統領選主要地域での勝利、不正開票などを主張したドナルド・トランプ米国…
  4. ティーウェイ航空は日韓線の再開を記念し、成田、関西発着の仁川線で「Tway FREE wayキャンペ…
  5. グローバル決済大手「ペイパル」が来年、グローバル市場を対象に仮想資産サービスを開始する一方、現在1…

おすすめ記事

  1. -コロナ19状況下、オフラインからオンラインマーケティングにシフト 済州経済通商振興院東京通商代表…
  2. 世界で新型コロナウイルス感染症による死亡者はこれまで約100万人。世界各国が防疫に力を入れているが、…
  3. 済州経済通商振興院(院長:文寬永)がコロナ19によるパンデミック(世界的大流行)の中でも、オンライ…
  4. 韓国の昨年の出生数が最低水準の30万人台序盤に下がった事で、合計出生率も0.92人まで下落した。この…
  5. −S&P500、ダウ平均株価も上昇で終了−アップル時価総額2兆ドル、テスラ株2000ドル突…
ページ上部へ戻る
Translate »